2018年02月06日

北勢支部2月例会

 2月1日(木)18:45より北勢支部2月例会をプラトンホテルにて開催しました。
 今回は講師に徳武産業(株)取締役会長 十河孝男氏(香川同友会会員)をお招きし、『自社の成長・発展には自社の再構築から』〜4度の業態転換、常に社員と共に仕組みを創る〜をテーマにご講演いただきました。
 十河会長からは、手袋縫製から始めた徳武産業が季節商品から年間商品の仕事確保にスリッパ製造を着手した経緯や、スリッパ製造が量産品の低価格帯であったことから学童シューズを受託し、地域の仕事としてOEM生産に移行した経緯、また安価な製造コストを求めて海外生産への流れから業態転換を迫られ、旅行用スリッパ・ルームシューズ・縫製ポーチの3つを柱にシフトするもOEM生産では委託元によって方針がひっくり返されるという経験から、新たな事業展開を模索する中で介護シューズのニーズに出会い挑戦してきた4つ転換点におけるその時々の経営者としての判断と基準や苦悩をお話しいただきました。
 現在の介護シューズでの事業領域においては、周囲からの反対の声がありながらも「損得ではなく善悪」を判断基準として業界初の片足半額の販売モデルに取り組み、今では業界の常識となっています。常に介護施設などで必要とされる方から直接ニーズの聞き取りを行ない、家族とも接点が薄くなるそうした方々へ寄り添うためにアンケートをはじめ誕生日プレゼントとメッセージを届け、身体的なサポートだけでなく心に寄り添う姿勢が多くの方に感動を与え、その御礼の手紙が徳武産業には年間2万通以上届いていることが紹介されました。
 また同友会への入会をきっかけに経営指針書の作成に取り組み、社員と向き合い目標に向かって協力し合うために日々の活動を確認できる仕組みをつくってみえます。ユーザーから届く感謝の手紙から社員は自社の活動に誇りをもち、夢と感動を届けるために社員自らが主体となって、業界の非常識に挑戦しイノベーションを図り続ける姿勢が徳武産業の風土となっています。
 講演の最後にはDVDで届いた1通の感謝のメッセージが紹介され、ユーザーからの感謝と感動の想いを共有することができました。
IMG_4655.JPG
IMG_4661.JPG
posted by 事務局 at 18:52| Comment(0) | 北勢支部活動

2018年01月23日

企業力向上委員会『AI活用セミナー』

1月19日(金)16:00より同友会事務局4F会議室にて、企業両国向上委員会企画『AI活用セミナー』を開催しました。
今回は講師にソフトバンク株式会社AI事業推進部の窪田大将氏をお招きし、『AI活用によるビジネス革新』をテーマにAIとはそもそもどういったものかという基礎的な部分からAIの持つ機能をはじめソフトバンクや各企業での導入、活用事例をお話しいただきました。
AIにも単純な制御プログラムからビックデータをもとに自動判断を行うなどの機械学習を取り入れたものやデータ特徴量を自動学習するディープラーニングを取り入れたものまで段階があり、人間と同等の知能をもつAIや特定分野の知的処理を行なうAIなど様々あり、一括りにAIといってもその用途や目的でAIの持つ機能レベルが異なることやAIにどのような機能を持たせるか、またそのためにどのように学習をさせるかの学習方法に至るまで、わかりやすくご説明いただきました。
活用事例の紹介では、ソフトバンクで導入された見積作成でのAI活用は多くの参加者の関心を集め、質疑応答では多くの方から手が上がり、自社での導入に向けた積極的な意見や質問がだされました。一方でAIの導入や維持コストについて「高い」という感想も多く、可能性を感じつつも現段階での導入については逡巡している様子もうかがえました。
未知のものへの抵抗感はあるものの、スマートフォンが世に出たときの経験からもAI活用はいずれビジネスの常識になると考えられるため、自社でどのように活用し、企業として強みにして活かすことを考えていく必要があります。
企業力向上委員会では、引き続きこうしたセミナーを企画していく予定ですので、ぜひご参加ください。
IMG_5602.JPG
IMG_4637.JPG
posted by 事務局 at 11:10| Comment(0) | 委員会活動

2018年01月19日

南勢支部1月新春例会

1月17日(水)18時00分よりオランジェ五十鈴の森にて、経営者共育委員会の事業・御意見番ジャーナルを南勢支部にお招きし「新春・三重経済ジャーナル」として開催しました。
パネリストには御意見番ジャーナルレギュラーパネリストの宮崎由至氏・伊藤 隆氏と南勢支部より天白拓治氏の3氏を迎え、経営者共育委員長の門井恵介氏のファシリテートで進行いただきました。
時事問題をはじめ世界や日本、地域が抱える問題など様々なジャンルのテーマをもとに、それぞれの考えや捉え方について忌憚なく、それぞれのパネリストの方にお話しいただきました。
トランプ政権、北朝鮮問題、為替相場、AI等の国際問題、そして安倍政権、金融政策、少子高齢化等の国内問題まで時代のキーワードの中から、不透明な時代の中で方向性を見出すべく地域を代表する3人のパネリストによって、三重の経済の視点も交え熱く、濃く、楽しく語っていただきました。
内容については外部非公開ということですので、ここでは詳しくは触れられませんが、非常に刺激的で、今後の日本と地域の在り方、そして会社から家族のことまで深く考えさせられる機会となりました。
また南勢支部の企画にも関わらず、北勢支部や中勢支部からも多数ご参加いただき盛会の新春例会となりました。
IMG_4605.JPG
IMG_4610.JPG
posted by 事務局 at 15:32| Comment(0) | 南勢支部活動

2018年01月17日

北勢支部臨時総会&1月例会

 1月11日(木)18時30分よりプラトンホテル四日市にて、北勢支部臨時総会&1月例会を開催しました。  臨時総会では平成30年度支部幹事の選出が長谷川支部長より提案され、承認されました。続いて行われた1月例会では、研究集会で記念講演をいただいた坂本教授が主宰する人を大切にする会社大賞を受賞された浜松市にある沢根スプリング(株)沢根社長をお招きして『会社を永続し、人生を大切にする会社づくり』〜20年先を考える沢根スプリング〜をテーマにご講演いただきました。  沢根社長からは戦略として非価格競争へシフトする中で、スピード・サービスに付加価値を見出し、小口市場やITの活用を通じて利益の出る仕組みを構築され世界最速工場を実現された経緯をはじめ、会社の永続と差別化を考え取り組む中で、人の大切さ・人生の大切さに気づき、人がいい人生を送るため・幸せになるための様々な自社での取組や考え方をお話しいただきました。  会社の方向性を示し決断し、人が成長を感じなりたい自分を描き実現できる環境をつくり、常に変革に取り組み、人と企業の成長スパイラルを作ることが社長の仕事であると学ばせていただきました。 notitle.jpg notitle (1).jpg
posted by 事務局 at 16:43| Comment(0) | 北勢支部活動

2017年12月21日

南勢支部12月例会

image1.jpegimage2.jpeg 12月20日 19:00よりいせトピアにて南勢支部12月例会を開催しました。今回は、(株)エスト 専務取締役 坂井 治美氏より「ブランディング入門」〜あなたの会社の価値、ブランドを考えたことはありますか?〜をテーマにお話しいただきました。
ブランドはマーケットシェアではなく、顧客のマインドシェアを獲得することが大切であるそうです。顧客が商品、サービスを識別できることがブランドであり、企業側が思われたい姿と顧客が思う姿を一致させることが重要です。
他から聞いて思い出すブランドの認知をブランド再認、自分で思い浮かべるブランド認知をブランド再生といい、ブランド再生してもらうことが大切だそうです。
どう思われたいかを考え、どの要素を取り入れるか、どのように体験してもらうかを構築していくことが重要であります。また、一貫性があり、意図的なのものを継続的に行うことが大切だそうです。
そして、これが社内に浸透していくことがブランディングで大切になってくるそうです。


posted by 事務局 at 09:17| Comment(0) | 南勢支部活動