2018年03月29日

尾鷲グループ3月例会

 3月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ3月例会を開催しました。今回は講師に片山総合法律事務所尾鷲事務所に赴任された小林大輝弁護士を講師にお招きし、『法律の使い方』をテーマにご講演いただきました。
 法律が記された六法全書。多くの方が弁護士はそのすべてを覚えているとイメージされますが、実際に覚えることは困難であり、多くの弁護士は確認するものとして活用されています。中には極めてシンプルな条文が記されているだけで、その文面だけで様々な事件やトラブルを判断することはできないため、法律の解釈が必要となります。条文に中で使われている言葉の具体的な意味を明らかにし、誰もが納得のいく結論に導いていきます。誰もが納得のいく結論とは、@論理的な理由付けがなされていること、A社会の常識からして妥当な結論であることのバランスがとれいることを指しますが、社会の常識というのは時代によって変化をしていきます。そのため時代に合った形に法律が改定され、裁判での判例・ジャッジも変化していきます。
 今回は刑法・民法の2つのケースをモデルに実際に弁護士がどのように考え、判断していくのかを段階ごとに解説いただきました。法律とは社会の秩序を守るためのルールであり、時代の変化と人々の意識の変化によりルールは変わること、そして法律は細かく限定された条文ではなくシンプルな表記がされているためその解釈も時代によってことなるという基本的なことを理解しておくことが大切です。
 最後に民法が改正される中で、経営者として注目しておくポイントとして@消滅時効規定の見直し、A保証ルールの見直しの2点について紹介いただきました。質疑応答の中では法律に関する質問だけでなく、尾鷲に赴任されたばかりで初めての講演となる小林氏個人への質問も投げかけられ、地域の方とのつながりが芽生えた例会となりました。
IMG_5999.JPG
IMG_5995.JPG
posted by 事務局 at 10:34| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年03月22日

中勢支部3月例会

3月20日(火)松阪カリヨンプラザで中勢支部3月例会を開催致しました。

IMG_5950.JPG

講師に出口裕章税理士事務所、出口裕章氏をお招きし、
「企業と税務」〜税務と企業コンプライアンス〜をテーマにご講演頂きました。

IMG_5951.JPG

元税務官である出口氏から税務署のシステムの講話を通じて国税局の仕組み、
組織を知り萎縮することなく、企業コンプライアンスを保持し強固なものにし
柔軟に対応していくかを分かりやすく解説していただきました。

IMG_5989.JPG

ご参加いただいた皆様(会員21名 オブザーバー3名)ありがとうございました。

IMG_5974.JPG

次回の中勢支部例会は5月9日(水)です。
ご参加お待ちしております((´∀`))

posted by 事務局 at 20:23| Comment(0) | 中勢支部活動

2018年03月15日

北勢支部3月例会

 3月8日(木)18:45よりプラトンホテルにて北勢支部3月例会を開催しました。今回は講師に日本絨氈(株)代表取締役の池ア博之氏をお招きし、『時代に要請を察知し、新たな分野に挑戦し続ける』〜社会になくてはならない企業を目指して〜をテーマにご講演いただきました。
 池ア氏からは冒頭に企業概要とご自身が経営者として学んでこられた中での師となる方との出会いや心に残る金言をご紹介いただき、「いくつになって学び続ける」という池ア氏の生き方・姿勢ついてお話しいただきました。また時代の転換期といわれる現在を変化が常態の時代にあり、とくに第4時産業革命が本格化するとの時代認識と対策提案についてもご自身の見解を交えて解説いただきました。
 経営者としての実践についても日本絨氈(株)に入社し経営に携わり始めた段階から、基幹事業であった織りカーペットから退潮の変化を迅速に捉えタフトカーペットへの転換を図られ、他社に先駆けての最新設備導入による先行利益と新しい分野の販路開拓と営業戦略を顧客一体型営業への切り換えなど試行錯誤の中でも常に変化を意識し、時代の要求や変化を掴み、既存の形に拘らず新しい分野や市場に挑戦し続け、時代にマッチする自社の強みを磨き強化して来られました。
 時代の捉え方をはじめ経営者としての学び、変化に挑戦し続ける姿勢と行動力に、参加者の多くが感銘と刺激を受け、その日本絨氈(株)の変化の中にしっかりとした戦略性を感じ取ることができた例会となりました。
IMG_5933.JPG
IMG_5935.JPG
posted by 事務局 at 15:16| Comment(0) | 北勢支部活動

2018年02月28日

尾鷲グループ2月例会

 2月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて、尾鷲グループ2月例会を開催しました。
 今回は講師に東海財務局津財務事務所 理財課長 田渕祐樹氏をお招きし、『中小企業への円滑な資金供給や経営課題の解決支援に向けた取組・施策』をテーマにお話しいただきました。
 冒頭に財務事務所の業務について説明いただいた後、地域金融機関の現状と課題について解説いただき、金融庁の指導のもと地域密着型金融への取組がすすめられる中、地域銀行の経営状況が貸出金利などの本業での収益性が低下していることや資産査定中心の健全性評価の偏重を是正し、企業の将来性を評価する事業性評価に基づく融資の促進や企業へのコンサルティングなどのサービス提供強化など対応の変化についてお話しいただきました。
 その中で紹介された経営者保証に関するガイドラインについては制度開始から3年余りが経過しつつも周知がすすんでおらず、参加者のほとんどが認識していなかったこともあり、経営者の個人保証の解除に関わることから、参加者の関心も高く多くの質問がありました。
 経営者保証に関するガイドラインの適用については、@会社と個人が明確に分離されていること、A財務状況が安定していること、B適時適切な報告がなされることが条件であること、また事業性評価においては市場性や利益性・計画性などの項目から各金融機関で事業性評価シートを作成されていますが、一番重視されるのは共通して経営者のリーダーシップや先見性といった資質であるとご説明いただきました。
 今回お話しいただきました金融機関の変化を通じて、改めてこれからの時代を生き抜く上で経営者自身の姿勢と資質と経営力が問われていることを実感する例会となりました。
IMG_4802.JPG
IMG_4806.JPG
posted by 事務局 at 09:56| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年02月23日

南勢支部2月例会

2月21日(水)19:00よりいせトピアにて南勢支部2月例会を開催しました。今回は報告者の山口製麺(有) 代表取締役 山口博司氏より『ビジョンは方向性の羅針盤』〜ぶれない組織を確立するために〜をテーマにご報告いただきました。
山口氏は昨年8月に入会後、自社の現状を見直し、経営改革に取り組むためにも方向性を明らかにして社員に示す必要があると感じていたことから、すぐに第2期経営指針成文化セミナーを受講されました。
山口製麺は創業から70年を迎え、地元の郷土食でもある「伊勢うどん」をメインに製造されています。近年、ご遷宮や伊勢志摩サミットを契機に「伊勢うどん」の認知と消費が地域外にも拡がる中で、お客様から届いた1通のメールが、改めて「伊勢うどん」の味と文化を守り提供し続ける大切さを実感し、会社としての今後のあり方を考えるきっかけとなりました。
「伊勢うどん」には松阪牛などのように明確な定義やルールがなく、地元においてもお店ごとの味があり、家庭においてはさらに独自の食べ方が存在します。これまで他社にはない釜上げ冷凍麺を開発し、おいしさを届けることを追求して地域での差別化を図ってきましたが、提供されるお店と地域が拡がる中で、新しい食べ方の提案や伊勢うどんにまつわるノウハウや情報を発信し、ファンの裾野の拡大を図ると同時に販売強化に取り組んでいこと今後のを方針として掲げられました。
経営指針を作成し、具体的な取組はまだまだこれからではありますが、新たな商品開発に三重大学や金融機関とも連携した取組や新しい食べ方を考えるプロジェクトチームを社員と立ち上げアイデア出し合い、どのように発信していくかを考え合うなど、次の10年を見据えた企業変革の取組をお話しいただきました。
IMG_4733.JPG
IMG_4735.JPG
posted by 事務局 at 15:58| Comment(0) | 南勢支部活動