2017年04月05日

桑名支部4月例会

 4月4日(火)18:45より桑名市中央公民館にて桑名支部4月例会を開催しました。今回は、現在三重同友会の北勢支部長をされている株式会社大明電気 代表取締役 伊藤太一氏より、「経営は人間力!!〜悩みの中で経営者は成長する〜」をテーマにお話しいただきました。
 複雑な家庭環境で育ち、やんちゃをしていたけれども人一倍自分が頑張らなくてはいけないという責任感も強かった伊藤氏は、元水泳選手を経ながら電気工事業に従事していました。独立し一人親方になったはいいものの見積もりの出し方もわからず、元請け業者の言い値で工事を請け負い、とんとん拍子に赤字へ。その当時は、業者に騙された!と思っていたそうですが、実は自分が無知なだけだったと笑って話す姿にはたくさんの困難を乗り越えた自負が見えるようでした。
 同友会に入会し、同業の先輩に商売のアドバイスをもらおうとしても、「まずは金髪と髭をやめなさい」と一蹴されてしまいますが、言われた通り身なりを整え再度話に行くと仕事を少しずつ任せてもらえるようになり、「自分を信頼してくれた期待に応えなくては」とさらに仕事を頑張るという好循環に。そして、よく知られた企業の経営者も勉強している事実を知り、いつか仲間だと思ってもらえるように、尊敬する支部長になれるようにとたくさんの勉強をされてきました。先輩たちの良いところをどんどん盗んで、良い企業を目指すのだと最後に意気込みを語る姿に桑名支部の会員も良い刺激をいただきました。
 バズセッションでは「経営者として、自分磨きをどのように行っていますか?また、どのような結果が生まれましたか?」というテーマで話し合いました。同友会の活動に参加して自分を磨いているという意見も多く、興味をもったことはどんどん参加し、知識量を増やしていきたいと発表がありました。また、経営者同士だけではなく、社員との関係によって磨かれていくこともあるという意見もあり、すべてが糧になるという意識でこれからも仕事に取り組んでいきたいとまとまりました。
IMG_3515.JPGIMG_3520.JPG
posted by 事務局 at 09:54| Comment(0) | 桑名支部活動

2017年03月27日

自社のIT取り組み結果報告会

IMG_20170324_193040.jpgIMG_20170324_194417.jpg
 3月24日、じばさん三重にてITビジネス委員会主催の「自社のIT取り組み結果報告会」が開催されました。
 5人のITビジネス委員が、1年を掛けて取り組んできたITの実践事例結果を報告。中小企業の経営者達の創意工夫に溢れた実践事例から、参加者はITを通して自社の経営課題を解決する方法を考察する機会となりました。
 今回のセミナーをもってITビジネス委員会は一時活動休止となります。しかし現代の経営に於いて、ITは切り離せないものとなっています。今後とも、ITには高くアンテナを張り続けてきましょう。

posted by 事務局 at 13:41| Comment(0) | 委員会活動

2017年03月23日

尾鷲グループ3月例会

3月22日(水)19:00より尾鷲市にある三木浦ゲストハウスにて尾鷲グループ3月例会を開催しました。今回は三木浦ゲストハウスを運営されている三木浦元気プロジェクト実行委員会 代表 弓削 猛氏より「東紀州に魅せられて」をテーマにお話しいただきました。
デザイン学校を卒業後、100フィートを越える大型のラグジュアリーヨットのデザイナーとして活躍されていた弓削氏は、仕事で世界をめぐる中で三木浦を訪ね、透明度の高い海と歴史を物語る史跡や緑あふれる森など自然豊かな三木浦の魅力にひかれて移住されました。
そこで現地の空き家問題と観光の問題を目の当たりにし、自治会長からの協力依頼もあり三木浦元気プロジェクトを立ち上げ、地域活性化を働きかけ、三木浦ゲストハウスをはじめ、三木浦グリーンツーリズム、三木浦ヨットクラブなど体験をベースとした取組を企画し、国内をはじめ欧米を中心とした海外からも多くの方が訪れています。地元の方々も海外からの観光客への対応をはじめ地域の産品の販売など積極的に協力連携を図り三木浦の魅力発信に取り組んでいます。
講演後のディスカッションでは、入り江が入り組む尾鷲では浦々でそれぞれ特徴があり、これまではそれそれに取組がすすめられていますが、尾鷲全体としてそれぞれの魅力を活かした観光対策や受入の対応を図っていくことが必要であることが話し合われました。また弓削氏のお話しから三木浦を中心に尾鷲をヨットハーバー化するプランが挙げられ、活性化の可能性について議論されました。
地域の存続のために活性化は重要な課題であること、そのためにいかに行動を起こすか。弓削氏の取組と行動力にそのことを改めて考え見直す機会となりました。
また最後にゲストハウス内を見学させていただきました。日本家屋の魅力を活かしながらもインバウンドの方に対応した設備の設置やプロジェクト会員だけの限定スペースなど心配りと遊び心が合わさったとても魅力的なゲストハウスでした。
IMG_3758.JPG
IMG_3764.JPG
posted by 事務局 at 10:56| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2017年03月17日

南勢支部3月例会

 3月15日、いせトピアにて南勢支部の3月例会が開催されました。
 報告は南勢支部会員で、株式会社勢乃國屋、代表取締役社長、中村基紀氏に「勢乃國屋 老舗経営の歴史」〜永続企業を目指して学ぼう!〜をテーマに報告いただきました。
 老舗経営は変化の多い歴史でした。元々、魚の卸をしていたものの、祖父が当時まだ商業が発展していない内宮にて土産物屋を初め、神代餅なども販売されたそうです。当時のベンチャービジネスと言える転換でした。
 中村氏からは、初めて明かす胸の内なども報告いただいた他、先代から引き継いできた精神や、中村氏の経営における信念などを報告いただき、同友会ならではの学びの大変深い例会となりました。
IMG_20170315_191154.jpgIMG_20170315_191226.jpg
posted by 事務局 at 09:34| Comment(0) | 南勢支部活動

2017年03月13日

北勢支部3月例会

 3月9日(木)19:00よりじばさん三重にて北勢支部3月例会を開催しました。今回は講師に(有)ギルドデザイン 代表取締役 山口直彦氏をお招きし、『社員が主役』〜自ら考え行動する社員を育てる組織創り〜をテーマに山口社長と一緒にご参加いただいた社員二人にご講演いただきました。
 山口社長からは下請けからオリジナル商品への展開をはじめスマートフォンケース事業の立ち上げまでの変遷の中で、理念の確立と社員の自主性主体性を尊重した組織創りの取組と海外展開における現在のタイ法人の立ち上げについてお話しいただきました。その後社員のお二人からは、入社から現在に至るまでの経緯から経営理念「あそび心の実現と幸せの実感」と人事理念「事故の責任で主体的に行動します」のもと一人一人が自主的主体的に考え行動することを実践している社員の生の声として自身が携わる業務と会社への想いそれぞれの理念に対する考えをはじめ社内での自己実現への希望についてお話しいただきました。
 ギルドデザインでは、いかに社員の自主性を引き出すかまたそれぞれに考える力を養い、周囲を巻き込み実行することができるかを考え、権限の委譲による責任感の養成、OJTとOFF-JTを交えた社員研修をはじめ個々のコミュニケーションの円滑化を意識した取組を実践されてみます。
 会社としてあるべき姿を明確にし、社員と共有することそしてその一人一人が主体的に取り組むことができるまた自己実現が達成できる組織と仕組みを構築することは、顧客と社員にとって満足度高い会社になることを確認できた例会となりました。
IMG_3283.JPG
IMG_3295.JPG
posted by 事務局 at 13:28| Comment(0) | 北勢支部活動