2019年05月22日

尾鷲グループ5月例会

 5月21日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ5月例会を開催しました。
 今回は講師に(株)エスト 専務取締役 坂井治美氏をお招きし、『自社製品を持たなくても自社ブランドは構築できる!!』〜ブランディング入門講座〜をテーマに、講義とワークショップを織り交ぜてお話しいただきました。
 坂井氏からは、はじめにご自身がブランディングを学ぶきっかけから、学ぶ中で中小企業こそ限られた資源を活かしていくためにブランディング必要であることを紹介いただき、ブランド構築にあたりブランドの定義を共通認識しておくために、今回は(一財)ブランドマネージャー認定協会の定義を確認し、ブランドという認識が商品・サービスにあるのではなく、それを識別する人の心の中にあることを理解し、マーケットシェアではなくマインドシェアを獲得すること、そしてプラスのブランド識別であり続ける長い取組がブランディングであることをご説明いただきました。
 また実際に自社でブランディングをすすめる上では、提供者側が考える商品・サービスなどに対するブランドアイデンティティを消費者が認識するブランドイメージとイコールにすることが重要であり、イコールにするための刺激や情報発信を行うために、ペルソナという仮想ユーザーを設定し共感ポイントを探るという手法を解説いただきました。
 このペルソナの心の中での立ち位置、競合との比較から優位な独自性・自社の強みを活かせるポジションを見つけることが、ブランドアイデンティティを考える上で重要な要素であるため、同友会をモデルにポジショニングマップ作りを体験させていただきました。
 最後にブランドづくりには社内浸透(インターナルブランディング)と社外浸透(エクスターナルブランディング)の2つがあるが、まずはしっかりと社内浸透が図られることが重要であることをご指摘いただきました。そして独自価値の最大化とそれを必要とされる方を絞り込み、会社と利用者のためにブランディングに取り組むことを呼び掛けていただきました。
IMG_6238.JPG
IMG_6245.JPG
posted by 事務局 at 09:52| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2019年05月16日

南勢支部5月支部総会

5月15日(水)17時30分より魚勘にて南勢支部5月支部総会を開催いたしました。

支部総会では、藤村支部長より「KUMINAOSHIによる新しい価値の創出」
※KUMINAOSHIとは…「人材や技術、地域の資源、ビジネスなどのさまざまな要素について、既存のものだけでなく新たなものを積極的に取り込み、それらを組み合わせたり、繋ぎ直したりすることで、イノベーションを興し新たな価値の創出につなげること」(みえ産業振興ビジョンより)
をテーマに2019年度基本方針が示されました。2019年度の南勢支部は、同友会を活用して、ともに学びあいながら、知恵や知識、技術、ネットワークを自社で組み合わせ・つなぎ直し、新しい事にチャレンジしていきます。

IMG_3301.JPG

続いて記念講演を行いました。今回は 元皇学館大学 文学部教授 奥野 純一 氏 をお招きし、『初心忘るべからず』〜経営の原点に帰ってみよう〜をテーマにお話しいただきました。

花王やIBMの企業研修なども担当した奥野氏。この講演では初心に返る大切さを世阿弥の言葉からご説明して頂きました。世阿弥が『花鏡』に記した「初心忘るべからず」、また生涯探求した「花」について詳しい解説があり、世阿弥の芸に対する心構えから経営者としての心構えを学びました。

IMG_3335.JPG

IMG_3351.JPG
posted by 事務局 at 09:49| Comment(0) | 南勢支部活動

2019年05月13日

皇學館大学学内企業説明会

5月10日(金)13時30分より、皇學館大学にて学内企業説明会を開催し、企業15社、学生8名が参加しました。 最初に参加企業が順に自社PRを行いました。

IMG_3265.JPG

つづいて個別説明会では、学生が興味のある企業のブースで説明を聞きました。企業担当者は学生に企業の魅力や業務内容などを熱心に説明していました。

IMG_3270.JPG

IMG_3290.JPG

IMG_3271.JPG


【参加した学生の感想】

・参加する企業さんのあいさつがあったのでブースにも立ち寄りやすかったです。
・説明がわかりやすく質問もとてもしやすかった。
・これまで知らなかった業種や知っていたつもりの業種も知識を深めることができました。
・これまで興味がなかった企業も新たに興味をもつことができました。
posted by 事務局 at 13:20| Comment(0) | 委員会活動

2019年05月10日

北勢支部5月支部総会

 5月9日(木)18:30よりプラトンホテルにて北勢支部5月支部総会を開催しました。支部総会では長谷川支部長より2018年度一年間の活動報告をはじめ2019年度活動方針と活動計画が提案され承認されました。
 総会後にはこの一年間の学びと実践の総括をテーマにグループ討論を行い、一年間の活動を振り返りながら自社と自身の成果と課題を話し合いました。
 グループ発表では戦略分析に基づく活動から自らの経営を科学的に分析できる視点が磨かれこと、そこから注力すべき課題が確認されたことや実践したことで成果が実感できたなど、自身の変化と自社の成長につながったことが挙げられました。また何よりも企業としても経営者としても成長発展していくためには、何より経営者自身の熱意・願望と実践する行動力、それに学び続けること大切さが確認されました。
 最後に総括として2年間コーディネーターを務めていただいたランチェスター経営三重(有) 岩ア氏よりこれまでの活動を振り返り、企業経営において粗利益額の重要性と粗利益を上げるために経営者すべき仕事などこれまでの学びのポイントを整理確認していただきました。そして今後に向けて既存の勉強スタイルだけじゃなく個々に新たな学び方へのチャレンジと同友会の活用について自身の経験も紹介いただきながら提起いただきました。
 総会後に行われた懇親会でも活発な意見交換と交流が図られ、盛会な総会となりました。
IMG_6219.JPG
IMG_0126.JPG
posted by 事務局 at 13:37| Comment(0) | 北勢支部活動

中勢支部 5月支部総会

5月9日(木)18:30よりアスト津にて中勢支部5月支部総会を開催しました。
支部総会では、平松新支部長より「自社の経営課題を認識し同友会活動を課題解決に活かす」をテーマに2019年度中勢支部の基本方針が示されました。

IMG_3089.JPG

総会の最後には2018年度で幹事を退任される会員からのご挨拶がありました。

IMG_3100.JPG


続いて記念講演を行いました。今回は兵庫同友会より(有)黄山金属プレス工業所 黄山琢真社長をお招きし、『自社の「今」を、正しく把握していますか?』〜外部環境分析・内部環境分析から見えた発展の方向性〜をテーマにお話しいただきました。

IMG_3112.JPG

黄山金属プレス工業所がある大阪市西区九条地区は、古くから「鐵のまち」と言われる金属加工の産業集積地ですが安値競争や後継者不足による廃業が相次いでいます。従来この地域では、金属加工において複数の工程が必要な場合でも地域内でワンストップで行うことができる強みがありました。ところが、これら町工場を把握しメーカーへのワンストップサービスを提供していた個人商店(ブローカー)のほとんどが後継者不足等を理由に廃業を余儀なくされました。町工場間の横のつながりもなく、3軒先の工場が何をしているかも知らない状況でした。
 このような環境のもと、2015年に後継者だけの組合「てづくり工場組合」を発足させ、「九条のまちをブランド化しよう」を目標に掲げました。この取り組みはテレビ番組「ガイアの夜明け」でも大きく紹介されました。メディアに取り上げられた結果、黄山氏が気づいたのは、九条地区が全く認知されていなかったこと。広報よりもまず認知されることが必要だと感じました。そこで小学生を対象とした町工場の見学ツアーや大学生のゼミ生に地域を知ってもらう取り組みを行うようになりました。
まずはやってみる、そしてやりながら考える重要性を説く黄山氏。最後にプレイヤーから離れ会社の風土をつくる大切さについてお話されました。


講演後のグループ討論では、「自社に大きな影響を及ぼすと思われる外部環境の変化とその対策をテーマに白熱したディスカッションを行いました。

IMG_3138.JPG

自社をとりまく外部環境について深く考え、またお互いの会社をよく知ることの重要性を確認して中勢支部の2019年度がスタートしました。
posted by 事務局 at 07:40| Comment(0) | 中勢支部活動