2018年05月11日

皇學館大学学内企業説明会

5月10日(木)13時30分より、皇學館大学にて学内企業説明会を開催し、企業10社、学生10名が参加しました。

最初に参加企業各社が順に自社PRを行いました。

IMG_0684.JPG

つづいて、学生が企業ブースを回り、一人3〜6社の説明を聞きました。企業担当者は、ブースに来られる学生に企業の魅力を熱心に説明したり、画像や動画、自社製品などを使ってアピールしていました。

IMG_0748.JPG

IMG_0791.JPG

IMG_0774.JPG

皇學館大学での学内企業説明会は実際に採用に結びついた実績が多数あります。
今回の会も採用に結び付くといいですね。

posted by 事務局 at 17:36| Comment(0) | 委員会活動

中勢支部総会・5月例会

5月9日(水)18:00よりカリヨンプラザにて、中勢支部総会・5月例会を開催しました。
支部総会では、伊藤支部長より、今年度の中勢支部方針が報告されました。今年の中勢支部は、経営指針作成を推進し、より多くの会員企業が経営指針を基本とした経営を行えるよう取り組んでいきます。さらにこのことを対外的にアピールし、会員増強につなげ、地域のよりよい経営環境づくりを目指していきます。詳細は支部総会資料をご確認ください。
記念講演では、日本土木工業 株式会社 専務取締役 垣本 美和氏をお招きし、「社員に愛される会社とは」〜性別に関係なく、誰もが活躍できる会社に!!〜をテーマにご講演いただきました。
垣本氏は最初に、「期待」「機会」「鍛え」(3つの「キ」)のチャンスが、女性には男性ほど与えられにくいことを自らのご経験からお話しされました。さらに4つ目の「キ」として「給与」を挙げ、女性に正当な給与が支払われない実態も報告されました。

IMG_0633.JPG


こうした経験を踏まえ、垣本氏は男女が助け合い、ともに活躍できる会社作りを行ってこられました。環境面では、作業現場での女子トイレやきれいな休憩室の設置、制度面では、育児休暇や年休の所得率アップを達成されてきました。育児休暇の取得率は100パーセント!社員だけでなく配偶者にもアンケートをとり、より充実した制度作りに取り組まれています。

IMG_0608.JPG

垣本氏は最後に、「社員がどういう扱いをされているのか、周囲の人は皆見ている。社員一人一人に一生懸命対応していくことが重要だ」と強調されました。垣本氏が涙を流しながらご経験されてきたことを共有し、「私なら社員一人一人にどのようなことができるのだろう」と考える貴重な機会となりました。
posted by 事務局 at 16:49| Comment(0) | 中勢支部活動

2018年04月05日

桑名支部4月例会

4月3日(火)桑名中央公民館で桑名支部4月例会を開催致しました。
今回は報告者に嶋田・稗田法律事務所、所長 稗田幸司氏をお招きし、
「弁護士から見た、中小企業の抱える課題とは」をテーマにお話して頂きました。

IMG_0234.JPG

嶋田氏は、東京の大手弁護士事務所というキャリアを捨て、桑名に事務所を開きました。
地方の中小企業経営者と関わってきて感じる事、弁護士の視点からみた中小企業経営者が抱える課題(経営環境や潜在的な法的リスク)をお話して頂きました。

IMG_0211.JPG

「自社がどのように地域社会へ貢献していると思いますか、また貢献していきたいと思っていますか。」というテーマでバズセッションを行いました。

IMG_0236.JPG

次回桑名支部例会は5月8日(火)、株式会社金星堂 代表取締役 小笠原貴行氏に
ご報告頂きます。
活動説明会を兼ねて行いますので、オブザーバーの方もお気軽にご参加ください!!
詳しくは(http://www.mie.doyu.jp/info/1kuwana/soukai.pdf)。
posted by 事務局 at 09:57| Comment(0) | 桑名支部活動

2018年 合同入社式

4月2日(月)11:00よりグリーンパーク津にて、合同入社式を開催しました。
IMG_0058.JPG

式では、西村代表理事による挨拶、松岡社長による祝辞の後、新入社員紹介が行われました。

IMG_0037.JPG

その後、昼食会へとうつり、新入社員による決意表明が行われました。「努力」「会社の役に立つ」「笑顔が一番!!」など新入社員が決意表明し、気持ちを新たに社会人としてのスタートを切りました。

IMG_0112.JPG

IMG_0129.JPG

IMG_0122.JPG

新入社員のみなさんには、合同入社式から会社・企業を越えた仲間作りを行い、人財委員会の研修などを通して同年代同士の交流を広げていってもらいたいですね。




posted by 事務局 at 09:17| Comment(0) | 委員会活動

2018年03月30日

南勢支部3月例会&活動説明会

3月28日(水)19:00より伊勢市下野工業団地組合事務所にて、南勢支部3月例会&活動説明会を開催しました。今回は報告者に(有)二軒茶餅角屋本店 代表取締役社長 鈴木成宗氏をお招きし、『私は、こうしてクラフトビール世界一になった』〜創業430年の老舗社長が、430年の永続の秘密を語る〜をテーマにお話しいただきました。
鈴木氏からは冒頭に創業から430年の歴史の中で、二軒茶餅で知られる餅事業を中心とした上で、3〜4代おきに新たな事業を起こす経営者が現われ、変革を繰り返しながらいまの形になっていることを紹介いただきました。中でも現在も続く味噌溜まり・醤油醸造の事業では古来より続く伝統的な製法を今に伝え、100年を超える醸造施設は伊勢まちかど博物館に認定されています。またクラフトビール事業は、下野工業団地に新たに新工場を建設中で7月中旬に完成が予定されており、世界を視野に新たな展開を図る拠点として準備がすすめられています。
ビール事業を始められたきっかけとして、り、ご自身が会社に入られた頃に餅事業と醸造事業に飽きていた時期であったことと、鈴木氏の幼い頃からの微生物への興味(微生物愛)や伊勢に対する郷土愛、また1番になれるならなってみたいという好奇心の3つ要素、そして大学時代に微生物研究を通じて世界との距離感が近く、常に世界一を目指すということが意識付いていたことからクラフトビール事業で世界一になるという目標設定が事業を立ち上げ当初から出来上がっていきました。
より明確な目標とするために5年という期限を決めて取り組みはじめた鈴木氏は、常に社員に世界一をとることを伝え続け、その目線やレベルを維持すべく社員を含め世界を巡り広く情報と知識を集め、商品開発に取り組まれました。そして取組から6年目で世界一の賞を受賞されます。
しかしその後世界一をとっても売れないという時代を経験されます。生産と販売の違いや品質評価と消費者ニーズの違いなどを実感し、改めて経営やマーケティング戦略などを徹底的に学び直されました。そこから製造と販売のあり方を改革し、業績も右肩上がりに成長し世界へも展開が広がっています。
最後の質疑応答の中では鈴木氏からご自身の経験を踏まえて、準備ができたら始めるのではなく、まずは明確な目標を決めて行動に移すことが大切であること、そして人脈は運ではなく、様々な人との出会いを常に自分から求めていくことと出会いを引き寄せる人としての魅力を磨くことの大切さをお話しいただきました。
IMG_6007.JPG
IMG_6012.JPG
posted by 事務局 at 09:42| Comment(0) | 南勢支部活動