2018年05月17日

南勢支部総会・5月例会

 5月16日(水)17:30より伊勢シティホテルにて、南勢支部総会・5月例会を開催しました。
 支部総会では、藤村支部長より、今年度の南勢支部方針が報告されました。今年の南勢支部は、支部活動テーマに『経営指針を通じて、よい会社づくりの実現』を掲げました。経営指針作りの支援と、経営指針の実践を通じた成果の追求を目指すとともに、同友会の例会や委員会での学びを自社の企業づくりに活用すること、オブザーバー参加の積極的な呼びかけを通じて会員増強や地域への発信を行うなどの方針を打ち出しました。詳細は支部総会資料をご確認ください。

IMG_0855.JPG

 記念講演では、有限会社 ゑびや 代表取締役 小田島 春樹氏をお招きし、「課題解決手段としてのAIの使い方」〜ゑびやの今までとこれから〜をテーマにご講演いただきました。
 講演ではAIやBI(Business Intelligence)ができることを、ゑびやでの実践をもとに学びました。
 一つの事例として、ゑびやでは店舗に据え付けられたカメラで撮影した映像をもとに、画像解析AIが来店客の人数、性別、年齢層、属性などのデータを多面的に分析しています。さらに利用者が自らの必要に応じて膨大な業務データを分析・加工することができるBIを利用して、画像解析データを含む多様なデータを組み合わせ来店予測を行っています。こうした画像解析は、飲食業、小売業などで非常に有効だと思われました。

IMG_0888.JPG

 講演の中で小田島氏がたびたび強調していたのは、AIは現場の課題解決のためのツールであり、あくまで選択肢の一つであること。現場でいったい何を解決したいのかを明確にすることが最も大切だということでした。ツール先行ではなく、現場にある課題に対応するために、どのようなツールが有効なのかを判断することが、今後ますます必要になると思われます。AIやBIの概念的な説明ではなく、実際の活用事例が示された点で非常に有意義な例会となりました。
posted by 事務局 at 14:58| Comment(0) | 南勢支部総会