2018年04月05日

2018年 合同入社式

4月2日(月)11:00よりグリーンパーク津にて、合同入社式を開催しました。
IMG_0058.JPG

式では、西村代表理事による挨拶、松岡社長による祝辞の後、新入社員紹介が行われました。

IMG_0037.JPG

その後、昼食会へとうつり、新入社員による決意表明が行われました。「努力」「会社の役に立つ」「笑顔が一番!!」など新入社員が決意表明し、気持ちを新たに社会人としてのスタートを切りました。

IMG_0112.JPG

IMG_0129.JPG

IMG_0122.JPG

新入社員のみなさんには、合同入社式から会社・企業を越えた仲間作りを行い、人財委員会の研修などを通して同年代同士の交流を広げていってもらいたいですね。




posted by 事務局 at 09:17| Comment(0) | 委員会活動

2018年01月23日

企業力向上委員会『AI活用セミナー』

1月19日(金)16:00より同友会事務局4F会議室にて、企業両国向上委員会企画『AI活用セミナー』を開催しました。
今回は講師にソフトバンク株式会社AI事業推進部の窪田大将氏をお招きし、『AI活用によるビジネス革新』をテーマにAIとはそもそもどういったものかという基礎的な部分からAIの持つ機能をはじめソフトバンクや各企業での導入、活用事例をお話しいただきました。
AIにも単純な制御プログラムからビックデータをもとに自動判断を行うなどの機械学習を取り入れたものやデータ特徴量を自動学習するディープラーニングを取り入れたものまで段階があり、人間と同等の知能をもつAIや特定分野の知的処理を行なうAIなど様々あり、一括りにAIといってもその用途や目的でAIの持つ機能レベルが異なることやAIにどのような機能を持たせるか、またそのためにどのように学習をさせるかの学習方法に至るまで、わかりやすくご説明いただきました。
活用事例の紹介では、ソフトバンクで導入された見積作成でのAI活用は多くの参加者の関心を集め、質疑応答では多くの方から手が上がり、自社での導入に向けた積極的な意見や質問がだされました。一方でAIの導入や維持コストについて「高い」という感想も多く、可能性を感じつつも現段階での導入については逡巡している様子もうかがえました。
未知のものへの抵抗感はあるものの、スマートフォンが世に出たときの経験からもAI活用はいずれビジネスの常識になると考えられるため、自社でどのように活用し、企業として強みにして活かすことを考えていく必要があります。
企業力向上委員会では、引き続きこうしたセミナーを企画していく予定ですので、ぜひご参加ください。
IMG_5602.JPG
IMG_4637.JPG
posted by 事務局 at 11:10| Comment(0) | 委員会活動

2017年12月19日

『採用を成功させる、インターンシッププログラム構築セミナー』

12月19日(火)15:00より同友会事務局4Fにて人財委員会主催で『採用を成功させる、インターンシッププログラム構築セミナー』を開催しました。(一社)わくわくスイッチ 代表理事 中村 憲和氏に「採用活動を成功させるインターンシップとは!?」をテーマにお話しいただき、その後、インターンシップ設計ワークショップにも取り組みました。
 講演の中で採用活動や採用後の定着、成長をテーマにグループで話し合いを行ないました。研修の充実や社長・管理職・社員の意思統一など採用活動から社員教育までの一貫した体制作りが重要といった意見が交わされました。経営者側の考えと社員側の考えを交流し合える機会となりました。
 次に、国の現在の教育政策やインターンシップの種類、企業側・学生側のメリットなどそもそもインターンシップとは何かというお話しをしていただきました。事例も紹介いただき、様々な企業のインターンシップへの取り組みや同友会会員のインターンシップへの取り組みをお聞かせいただきました。
 事例紹介までお話しいただいた後、実際にプログラム設計を行ないました。自社の現状と課題を分析し、どのような学生に来てほしいのかターゲットを決め、キャッチコピーを考え、プログラム内容を設計しました。グループ発表行ない、意見交換や中村氏への質問の時間を設け、インターンシップの計画やインターンシップへの疑問を話し合いました。
 インターンシップの概要を知るだけでなく、自社の悩みや課題を考え、設計に活かしていける良い機会となりました。

IMG_5552.JPG

IMG_5557.JPG


posted by 事務局 at 17:40| Comment(0) | 委員会活動

2017年11月24日

第2回若手社員研修会

11月22日(水)14:00よりアスト津にて人財委員会企画の若手社員研修会「自社の事業プレゼン発表会」を開催しました。
第1回を6月に開催し、今回は第2回の開催となりました。第1回研修会で立てた半年後の目標に対しての結果プレゼンを行ない、目標に対してのプロセスと現状、反省点など発表いただきました。自分の半年間の取り組みを振り返り、新たな目標設定を行なう良い機会となりました。
 プレゼン発表後に九鬼産業(株) 代表取締役会長 九鬼 紋七 氏に「自分らしい表現力に気付く時間」をテーマに自己表現向上ワークショップをしていただいきました。体の動きを相手に合わせたり、言葉を使わずに伝えたり、いろいろな感情を体で表現したりと様々な表現方法をペアやグループになって取り組みました。
 参加者の皆さんは悪戦苦闘しながらも元気よく取り組み、笑顔が絶えない研修会となりました。

IMG_0862.JPG

IMG_0888.JPG
posted by 事務局 at 13:59| Comment(0) | 委員会活動

2017年11月22日

企業力向上委員会 外国人実習生&留学生活用セミナー

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG11月22日(水)17:00より事務局4階会議室にて外国人実習生&留学生活用セミナーを開催しました。
人手不足が企業経営における大きな課題としてあげられるようになり、いかに人材確保に取り組んでいくかが企業存続を左右する時代となりました。
こうした中、企業力向上委員会ではグローバル人材の視点から外国人実習生や留学生また高度技能人材の採用・活用をテーマに、それぞれの制度や仕組みをはじめ実際の採用にかかるノウハウなどについて、協同組合WBS安心ネットワーク三重支店代表を務める(株)PlanB代表取締役 浜中俊哉氏と鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部 入試広報キャリア課課長 米島久雄氏より具体的な事例を交えながらお話しいただきました。またベトナム人実習生の受入をされている企業の事例として(株)アガタ製作所代表取締役 市川幸平氏より受け入れに至った経緯から実際に活用されている上でのメリットやデメリット、受け入れにあたってかかる目に見えない手間やコストなど実体験をもとにご報告いただきました。
実習生制度については、知っているようで理解していない送出機関と日本語学校と受入機関の関係や企業に掛るコストまたこの11月での改正ポイントなど正しく理解しておくことでメリットが享受できることが確認されました。
また留学生の採用についても在留資格や入国管理局への手続きなどの知識とノウハウが重要で、企業の求人や問い合わせは増加しているが、在留資格に合致していない求人も半数以上あるという現状も指摘されました。
実習生の受入では、仕事だけでなく生活面でのケアや日本の文化や習慣・ルールを伝えることが必要であり、1つ1つを丁寧に教えていくことが大切であること。またそうしたコミュニケーションや関係性がしっかりと構築できれば、日本人と同じくらいまたそれ以上に会社に愛情を持って仕事をし、地域にとけ込んで生活できることが理解できました。
これからの人材確保において、より良い人材を求める選択肢の一つとして実習生や留学生の活用が有用で大いに可能性を感じられるセミナーとなりました。
posted by 事務局 at 19:21| Comment(0) | 委員会活動