2018年10月05日

尾鷲グループ9月例会

 9月26日(火)19:00より御浜町公民館にて尾鷲グループ9月例会を開催しました。今回は講師に三重県紀南地域活性化局 主事 田中雄也氏をお招きし、「魅力発見!地元の仕事を見に行こう♪」〜紀南地域事業所見学会の成果から考える地域企業の役割〜をテーマに、ご講演いただきました。
 紀南地域活性化局・熊野市・御浜町・紀宝町で1つのチームとして地域づくり連携協議会の発足を契機に、地域の高校生を対象に地域への愛着や将来的な定住の意向に関するアンケートを実施され、地域に対する愛着意識は高い一方で、就職先や進学先がないため地域を離れてしまうという結果が浮き彫りとなりました。そこで地元企業や地域の産業を知る機会として、市町をまたいだ地元企業見学を今夏に初めて開催し、その成果について学生・企業・行政の視点からまとめて報告いただきました。
 若者の地域離れは地域存続において重要な課題であり、企業も自社が基盤を置く地域の存続は事業活動の継続に大きく影響するため、地域課題と企業課題の1つとして捉え、事業活動を通じて地域課題に取り組む重要性が確認された例会となりました。
IMG_5750.JPG
IMG_1764.JPG
posted by 事務局 at 10:26| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年08月29日

尾鷲グループ8月例会

 8月28日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ8月例会を開催しました。今回は講師に中部電力(株)電力ネットワークカンパニー尾鷲営業所所長の三ツ森一雄氏をお招きし、「中部電力におけるダイバーシティの取り組み」をテーマに講演いただきました。
 はじめに中部電力の概要説明の中で、政府の決定による発送電分離の開始時期に合わせて分社化を進めており、現在は社内カンパニーとして発電・送配電・販売の3部門が分社化に向けて準備をすすめていることが紹介されました。
 ダイバーシティの取組については、昭和60年の男女雇用機会均等法の制定を受けて、女性の事務系採用をスタートし育児休職制度の導入や技術職での採用開始など当初は法的田王中心に取組がすすめられていました。しかし平成12年の電力自由化(高電圧が先行して開始された)を控え、改めて社会環境の変化を認識し、これに対応していくための経営戦略として主体的な取組に転換され、女性のキャリ形成と仕事と家庭の両立支援に向けて社内アンケートから課題を抽出し、制度の改変を繰り返しながら女性の活躍促進と男性の働き改革も合わせてすすめてみえます。
 また高齢化社会にあって介護との両立、人手不足への対応も含めた高齢者雇用の促進と活躍推進に向けた制度の構築、特例子会社の設立も含めた障碍者雇用の推進など、企業の社会的責任や地域貢献を果たしつつ、企業としても多様化する社会環境に合わせてダイバーシティの促進を図られており、最近ではLGBT(セクシャルマイノリティ)に対しても社内での理解と環境・風土づくりに向けた勉強会の開催や設備対応の検討もすすめられています。
 まだまだ取組は始まったばかりで他社の取組も参考しながら、これからも社内での制度や体制づくりに取り組んでいくと三ツ森所長からお話しいただきました。
 社会環境の変化に合わせて企業としても対応していく必要があることとして共通の認識が図られ、トップの問題意識だけなく、社内で取組をすすめていくためには社員とも共通認識を図ることが大切であり、知らないことから生まれる誤解をなくすためにも、まずは「知る」こと、またそのための教育機会を持つことが企業としてのスタートであることを確認した例会となりました。
IMG_1659.JPG
IMG_1657.JPG
posted by 事務局 at 09:50| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年03月29日

尾鷲グループ3月例会

 3月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ3月例会を開催しました。今回は講師に片山総合法律事務所尾鷲事務所に赴任された小林大輝弁護士を講師にお招きし、『法律の使い方』をテーマにご講演いただきました。
 法律が記された六法全書。多くの方が弁護士はそのすべてを覚えているとイメージされますが、実際に覚えることは困難であり、多くの弁護士は確認するものとして活用されています。中には極めてシンプルな条文が記されているだけで、その文面だけで様々な事件やトラブルを判断することはできないため、法律の解釈が必要となります。条文に中で使われている言葉の具体的な意味を明らかにし、誰もが納得のいく結論に導いていきます。誰もが納得のいく結論とは、@論理的な理由付けがなされていること、A社会の常識からして妥当な結論であることのバランスがとれいることを指しますが、社会の常識というのは時代によって変化をしていきます。そのため時代に合った形に法律が改定され、裁判での判例・ジャッジも変化していきます。
 今回は刑法・民法の2つのケースをモデルに実際に弁護士がどのように考え、判断していくのかを段階ごとに解説いただきました。法律とは社会の秩序を守るためのルールであり、時代の変化と人々の意識の変化によりルールは変わること、そして法律は細かく限定された条文ではなくシンプルな表記がされているためその解釈も時代によってことなるという基本的なことを理解しておくことが大切です。
 最後に民法が改正される中で、経営者として注目しておくポイントとして@消滅時効規定の見直し、A保証ルールの見直しの2点について紹介いただきました。質疑応答の中では法律に関する質問だけでなく、尾鷲に赴任されたばかりで初めての講演となる小林氏個人への質問も投げかけられ、地域の方とのつながりが芽生えた例会となりました。
IMG_5999.JPG
IMG_5995.JPG
posted by 事務局 at 10:34| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年02月28日

尾鷲グループ2月例会

 2月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて、尾鷲グループ2月例会を開催しました。
 今回は講師に東海財務局津財務事務所 理財課長 田渕祐樹氏をお招きし、『中小企業への円滑な資金供給や経営課題の解決支援に向けた取組・施策』をテーマにお話しいただきました。
 冒頭に財務事務所の業務について説明いただいた後、地域金融機関の現状と課題について解説いただき、金融庁の指導のもと地域密着型金融への取組がすすめられる中、地域銀行の経営状況が貸出金利などの本業での収益性が低下していることや資産査定中心の健全性評価の偏重を是正し、企業の将来性を評価する事業性評価に基づく融資の促進や企業へのコンサルティングなどのサービス提供強化など対応の変化についてお話しいただきました。
 その中で紹介された経営者保証に関するガイドラインについては制度開始から3年余りが経過しつつも周知がすすんでおらず、参加者のほとんどが認識していなかったこともあり、経営者の個人保証の解除に関わることから、参加者の関心も高く多くの質問がありました。
 経営者保証に関するガイドラインの適用については、@会社と個人が明確に分離されていること、A財務状況が安定していること、B適時適切な報告がなされることが条件であること、また事業性評価においては市場性や利益性・計画性などの項目から各金融機関で事業性評価シートを作成されていますが、一番重視されるのは共通して経営者のリーダーシップや先見性といった資質であるとご説明いただきました。
 今回お話しいただきました金融機関の変化を通じて、改めてこれからの時代を生き抜く上で経営者自身の姿勢と資質と経営力が問われていることを実感する例会となりました。
IMG_4802.JPG
IMG_4806.JPG
posted by 事務局 at 09:56| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2017年08月30日

尾鷲グループ8月例会

8月29日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ8月例会を開催しました。今回は三重県尾鷲農林水産事務所 所長 太田憲明氏を講師にお招きし、『職場づくりから人口減対策』〜未来への挑戦〜をテーマにご講演いただきました。
地域の産業や特性と人口動態を確認した上で、人口減少が昔からの土地では低く、新たな産業によって興った住宅地域で大きく減少している特徴が紹介されました。また尾鷲農林水産事務所の組織及び取組活動を含め、農業・水産業・林業それぞれの分野における地域としてのモデルケースを事例として紹介していただきました。いずれの事例も地域で若者が働く職場づくりが定住化を促し、地域内流通が生まれ、新たなニーズや付加価値のある商品・サービスの掘り起こしにつながっており、その地域自体の活性化が図られています。
太田所長は、三重地方創生コンソーシアムや東紀州若者応援ネットワーク(仮称)、一般社団法人未来の大人応援プロジェクトなど地域の若者を対象とした活動にも取り組まれており、若者にいろいろな働き方や地域の魅力ある企業を伝えるとともに、地域における働く場の確保するために大人や企業の啓蒙促進と支援活動を行ってみえます。
これらの活動を通じて、若者に対して地域の魅力や仕事にいかに目を向かせ、それぞれの仕事の魅力をいかに伝えていくかが重要なポイントであることをお話しいただきました。そしてこの点は企業が人材を確保していく上でも共通した課題であり、しっかりとした経営計画と助け合い人が育つ組織づくりが必要であることが確認された例会となりました。
IMG_4586.JPG
IMG_4589.JPG
posted by 事務局 at 09:39| Comment(0) | 尾鷲グループ活動