2019年10月24日

尾鷲グループ10月例会

 10月23日(水)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ10月例会を開催しました。今回は報告者に北勢支部会員でもある平松産業(株) 代表取締役 平松俊範氏をお招きし、『感性論哲学を経営に活かす』をテーマにご報告いただきました。
 感性論哲学は哲学者 芳村思風氏が創設された学問で、成功と幸せと健康になるための実践哲学です。感性が生命の本質であり、人間の本質であり、感性を原理とした哲学を体系化しており人間性の進化を目的とされています。平松社長は経営者になられてから感性論哲学を学び、現在は四日市思風塾の代表世話人もされてみえます。
 今回の例会では、感性論哲学の原理原則集の中から「魅力あるリーダーになるための10か条」の1つ「今やっている仕事の意味や価値やすばらしさを情熱を持って熱く語る」を切り口として、自社や自身が行っていることの意味や価値を改めて問い直してみることに主眼を置いて、平松社長から自社での事例や実践を紹介いただきながら、大きく3つの問いかけについて参加者全員の取組や課題を話し合いました。
 経営の目的である「お客を増やす」という経営戦略に対してどうするか?という問いかけでは、自社の特徴や価値はどこにあるのか、またそれを必要する市場や顧客をいかに見つけ、選ばれる企業になるかという視点からディスカッションを行いました。
 またともに仕事を行う社員という人間をいかに理解するかという問いかけでは、人も企業も完全なものはなく不完全なものであることを認め理解し、謙虚に学ぶことが大切であること、また社員を理解するためには価値観の変化を認め、コミュニケーションを図り自らが伝える力を磨くことが重要であることが話し合われました。3つ目の問いでは、自分はどのような人間を目指すのかについて、仕事での目標・なりたい姿と人生での目標・なりたい姿の2つの側面からそれぞれの想いや考えを交流しました。
 社員をはじめ顧客や取引先など関わる全てにおいて人間の機微があります。そして業績の良いときや悪いとき、その時々を乗り越えていく際にも、経営者として心の支えとなる信念や理念を持つことが大切であり、経営者にとって経営と哲学は切っても切れない関係にあることを学んだ例会となりました。
IMG_0178.JPG
IMG_0182.JPG
posted by 事務局 at 10:28| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: