2019年05月22日

尾鷲グループ5月例会

 5月21日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ5月例会を開催しました。
 今回は講師に(株)エスト 専務取締役 坂井治美氏をお招きし、『自社製品を持たなくても自社ブランドは構築できる!!』〜ブランディング入門講座〜をテーマに、講義とワークショップを織り交ぜてお話しいただきました。
 坂井氏からは、はじめにご自身がブランディングを学ぶきっかけから、学ぶ中で中小企業こそ限られた資源を活かしていくためにブランディング必要であることを紹介いただき、ブランド構築にあたりブランドの定義を共通認識しておくために、今回は(一財)ブランドマネージャー認定協会の定義を確認し、ブランドという認識が商品・サービスにあるのではなく、それを識別する人の心の中にあることを理解し、マーケットシェアではなくマインドシェアを獲得すること、そしてプラスのブランド識別であり続ける長い取組がブランディングであることをご説明いただきました。
 また実際に自社でブランディングをすすめる上では、提供者側が考える商品・サービスなどに対するブランドアイデンティティを消費者が認識するブランドイメージとイコールにすることが重要であり、イコールにするための刺激や情報発信を行うために、ペルソナという仮想ユーザーを設定し共感ポイントを探るという手法を解説いただきました。
 このペルソナの心の中での立ち位置、競合との比較から優位な独自性・自社の強みを活かせるポジションを見つけることが、ブランドアイデンティティを考える上で重要な要素であるため、同友会をモデルにポジショニングマップ作りを体験させていただきました。
 最後にブランドづくりには社内浸透(インターナルブランディング)と社外浸透(エクスターナルブランディング)の2つがあるが、まずはしっかりと社内浸透が図られることが重要であることをご指摘いただきました。そして独自価値の最大化とそれを必要とされる方を絞り込み、会社と利用者のためにブランディングに取り組むことを呼び掛けていただきました。
IMG_6238.JPG
IMG_6245.JPG
posted by 事務局 at 09:52| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: