2019年02月28日

南勢支部2月例会

2月27日(水)18時より、いせトピアにて南勢支部2月例会を開催しました。今回は桑名支部よりマツオカ建機株式会社 本社管理部 総務グループ 次長 井後弘二氏をお招きし、「中小企業のためのBCPセミナー」をテーマにお話しいただきました。


RIMG0795.JPG


BCPとは、企業が緊急事態に遭遇した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能にするため、平時に行うべき活動や、当該緊急時における事業継続のための方法、手段などをあらかじめ取り決め、それを文書化したものです。
企業が被災し、復旧が遅れ、事業継続ができなくなると、サプライチェーンの分断、働く場の喪失、事業の廃止倒産といった事態に陥る可能性があります。また被害が甚大であれば、産業集積そのものが喪失したり、地域の雇用や経済に大きな影響が出ることになり、被災地以外にも影響が波及します。
BCPは特別なものではなく、その策定・運用は、日々の経営の中で取り組む経営管理・改善の見える化であり、緊急時の対応力向上に加え自社の経営実態の把握や経営管理の再確認にもつながります。

マツオカ建機では、東日本大震災を機に、防災訓練の強化、非常備蓄品、非常持出袋の配布などからはじめました。2014年からBCP基本計画を策定し、従業員とその家族の人命を守ることを最優先とし、施設や営業所、当社保有のレンタル機械などを被災から守る事前の備えを徹底し被災した時の早期保全・早期出庫体制を図ること、社会・地域に貢献するという意識を全社で共有すること、保全活動に携わる従業員が自律的に行動できる仕組みを構築すること、を基本方針としました。その他、災害図上訓練(DIG)の実施、データセンターでのデータ保管、三重郡川越町と災害時におけるレンタル資器材の提供に関する協定書を締結する等の取り組みを行いました。

RIMG0762.JPG

マツオカ建機の取り組みに学び意見交換を行いながら、災害時にどのように備えるのか共に考える貴重な時間となりました。

posted by 事務局 at 14:40| Comment(0) | 南勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: