2019年02月27日

尾鷲グループ2月例会

2月26日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ2月例会を開催しました。今回は報告者に北勢支部会員でもある(有)イスキナ 清水直樹社長をお迎えし、『仕事は人生を楽しむ小道具』をテーマにご報告いただきました。
(有)イスキナではリユース事業を事業ドメインとして、リサイクルトナー・インクの販売をはじめ中古パソコンの販売・プリンターレンタル、USBやモバイルバッテリーなどのノベルティ商品の提案販売、刃物研ぎ・フルハルシートの販売など多岐にわたる事業を展開されています。
創業からこれまでには上記以外にも様々な取組にチャレンジされてきましたが、お客様からのニーズを集め応えていく中で、現在の事業が確立していき、環境思考が高まる中でリユースという言葉の出会いから自社の事業ドメインが定まったことで、自社で取り組むことや自身の考えもまとまり経営における判断もスムーズになったとお話しいただきました。
同友会に入会して23年。この間に転職・創業された経緯を持つ清水氏。企業経営や経営者としてはまだまだ勉強中とされながらも、継続することの大切さや人のつながりのありがたさ、同友会の仲間1人1人が持つ知識・ノウハウとネットワークは創業からこの間の助けであり支えでもあり宝であり、同友会の魅力であると尾鷲グループの皆さんに同友会と事務局の活用を呼びかけられました。
これからの事業展開においては後期高齢者できる(しかできない)ビジネスモデルの確立にチャレンジしていくと意欲溢れる清水社長に人生の楽しみ方と元気なエネルギーをいただいた例会となりました。
IMG_6093.JPG
IMG_6095.JPG
posted by 事務局 at 09:58| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: