2018年10月18日

南勢支部10月活動説明会

10月17日(水)いせトピアにて南勢支部10月活動説明会を開催しました。

今回は、「これが同友会だ!」と題し、松下製材 有限会社 代表取締役 山口 浩典氏に同友会の活用のしかたとその魅力についてお話しいただきました。山口氏は経営労務委員会委員を務め兵庫同友会の経営指針成文化セミナーに参加して経営指針の作成と実践に取り組んでこられました。この活動説明会では、同友会の入会から現在までの活動をふりかえりながら、経営指針の作成と実践の意義や同友会で出会った人たちから得た学びについて発信しました。

経営指針の作成と実践をとおして学んだことについて山口氏は、言葉にするのが難しいとしながら、「様々な問題意識をいかに多く、いかに深く持ち続けるのかが経営者の力量」だと気づいた、と述べられました。作成と実践の過程で自分の頭の中や会社のことを整理し、その結果「なぜ?」という問題意識が生じる、そしてその問題解決を図るために方向性をもって経営することができる、その基礎が経営指針を通じてできあがったといいます。

またこのように経営に対する意識が高まるきっかけを与えてくれたのが、同友会での人との出会いでした。同友会の委員会活動等を通じて気軽に相談でき、本音で語り合える経営者とのつながりができたこと、同友会事務局が経営指針づくりをはじめ様々なサポートをしてくれたこと等が紹介され、人との出会いに学びや気づきがある、と述べられました。

山口氏の実感を伴った言葉はたいへん力強く、このような学びや気づきが自信をもって経営することに間違いなくつながっているのではないか、と感じられました。同友会の魅力を発信するだけでなく、経営者自身の成長と会社の成長とが重なり合っていることを感じられるたいへん充実した活動説明会となりました。

IMG_0028.JPG

IMG_0052.JPG
posted by 事務局 at 07:39| Comment(0) | 南勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: