2018年10月11日

中勢支部10月例会

10月11日(木)アスト津にて中勢支部10月例会を開催しました。

今回は、三重大学 青木雅生准教授のコーディネートにより、滋賀同友会から株式会社 PRO-SEED 代表取締役 青柳孝幸氏(滋賀同友会理事・北近江支部長)をお招きしました。株式会社 PRO-SEED は2001年に創業し、工場の自動化設備のシステム設計やプログラミング等を手掛けてきました。また産業オートメーションの世界的トップメーカー・シーメンス社のパートナー会社となり、シーメンスPLCのコンサルティング、システム提案、設計、施工、現場立上等を行ってきました。

RIMG0340.JPG


報告ではまず紆余曲折あったこれまでの経営についてお話しいただきました。青柳氏は、創業からリーマンショック後に至る時期について、会社を大きくすることやお金だけが目的の経営で、自分だけのための会社だったとふりかえります。その後2011年に同友会に入会し、経営理念、戦略、戦術を明確化し、会社を立て直します。また経営指針づくりを通して経営の目的を問い続け、「未来のエンジニアを育てる!彦根をエンジニアのまちにする!」ために経営しているのだということが明確になりました。そしてその思いを様々な人に発信することで、予期せぬ人との出会いも増加していきました。

「自分だけのため」だった会社も、「社員のため」「地域のため」へと変化してきました。仕事の内容を説明することが難しかったご自身の経験を踏まえ、社員が胸を張って「PRO-SEEDで働いてます!」といえる会社にしていきたいとの思いで、国道307号線沿いに新社屋を建設しています。また社内でロボット教室をひらき、地域の子供たちの科学への興味を育むとともに、大人から子供までが行き交う環境づくりを行っています。

グループ討論では経営の目的は社員の幸せのため、志を高く持つことが自分自身を幸福にすることが分かった等の意見が寄せられました。

RIMG0375.JPG


経営の目的を改めてふりかえったり考え続けたりすることの大切さを学ぶことができた、たいへん有意義な時間となりました。


posted by 事務局 at 22:27| Comment(0) | 中勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: