2018年09月19日

中勢支部・南勢支部 9月合同例会

 9月18日(火)18:45より中勢支部・南勢支部9月合同例会を開催しました。
今回は、(株)インターナショナル・コントリビューション 代表取締役 高岡良治氏 に『企業と外国人技能実習生』〜企業側の心構えとは〜をテーマにご報告いただきました。高岡氏は、2006年よりベトナムからの外国人研修生の受入れを始め、現在ベトナムとタイから150人ほどの外国人技能実習生を受け入れ管理する組合の代表理事を務めておられます。

 外国人技能実習制度は1960年代後半ごろから海外の現地法人などの社員教育として行われていた研修制度が評価され、1993年に制度化されました。現在、農業、建設、食品製造、繊維・衣服、機械・金属などの業種で受入が行われています。三重同友会でも外国人技能実習生を受け入れることによって、人材を確保しようという企業が増加しています。

 しかし一方で、課題や問題点も多く、逃亡やコミュニケーションの不和などが生じています。こうした課題や問題を解決するために高岡氏は「寄りそう気持ち」の大切さを強調していました。精神的なケアはもちろんですが、語学の習得に関しても企業が寄りそい盛り上げていくことが重要だと述べられました。

 政府は、今後外国人労働者を拡大させる方針を示し、2025年には50万人以上が必要だとしています。また業種も広がり、農業、建設、宿泊、介護、造船などで受け入れが進むとみられます。会員にとってはこれからの雇用や人材確保を考えるうえで重要な例会となりました。

IMG_1725.JPG

 報告後には、経営研究集会のキャラバン隊がPRを行いました。今年の経営研究集会は11月7日(水)に開催されます。みなさま奮ってご参加ください!!
 
IMG_1754.JPG
posted by 事務局 at 17:52| Comment(0) | 中勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: