2018年08月29日

尾鷲グループ8月例会

 8月28日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ8月例会を開催しました。今回は講師に中部電力(株)電力ネットワークカンパニー尾鷲営業所所長の三ツ森一雄氏をお招きし、「中部電力におけるダイバーシティの取り組み」をテーマに講演いただきました。
 はじめに中部電力の概要説明の中で、政府の決定による発送電分離の開始時期に合わせて分社化を進めており、現在は社内カンパニーとして発電・送配電・販売の3部門が分社化に向けて準備をすすめていることが紹介されました。
 ダイバーシティの取組については、昭和60年の男女雇用機会均等法の制定を受けて、女性の事務系採用をスタートし育児休職制度の導入や技術職での採用開始など当初は法的田王中心に取組がすすめられていました。しかし平成12年の電力自由化(高電圧が先行して開始された)を控え、改めて社会環境の変化を認識し、これに対応していくための経営戦略として主体的な取組に転換され、女性のキャリ形成と仕事と家庭の両立支援に向けて社内アンケートから課題を抽出し、制度の改変を繰り返しながら女性の活躍促進と男性の働き改革も合わせてすすめてみえます。
 また高齢化社会にあって介護との両立、人手不足への対応も含めた高齢者雇用の促進と活躍推進に向けた制度の構築、特例子会社の設立も含めた障碍者雇用の推進など、企業の社会的責任や地域貢献を果たしつつ、企業としても多様化する社会環境に合わせてダイバーシティの促進を図られており、最近ではLGBT(セクシャルマイノリティ)に対しても社内での理解と環境・風土づくりに向けた勉強会の開催や設備対応の検討もすすめられています。
 まだまだ取組は始まったばかりで他社の取組も参考しながら、これからも社内での制度や体制づくりに取り組んでいくと三ツ森所長からお話しいただきました。
 社会環境の変化に合わせて企業としても対応していく必要があることとして共通の認識が図られ、トップの問題意識だけなく、社内で取組をすすめていくためには社員とも共通認識を図ることが大切であり、知らないことから生まれる誤解をなくすためにも、まずは「知る」こと、またそのための教育機会を持つことが企業としてのスタートであることを確認した例会となりました。
IMG_1659.JPG
IMG_1657.JPG
posted by 事務局 at 09:50| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: