2018年08月03日

北勢支部8月例会

8月2日(木)18:45よりプラトンホテルにて北勢支部8月例会を開催しました。
今回は報告者に(株)東海テクノ 市田社長を迎え、『「良い会社」の経営実践に学ぶシリーズ第2章』〜(株)東海テクノ 差別化の成功戦略を研究する〜をテーマに、東海テクノ事業活動事例をはじめ市田社長の経営実践を報告いただきました。
 市田社長からは、構造的に不況業種である環境計量業界にあって、業界全体として新たな価値を生み出すことが必要であり、他社とも共存できる新たな形を模索している中、これからを生き抜くための視点として@何が特別な会社にするのか、A良い会社とは、B特別を極める、の切り口でお話しいただきました。
 特別な会社を作るベースとして、市田社長は経営者の喜怒哀楽恐の肌感覚を徹底して形や成果で表していくことを意識して取り組まれており、これによって社員が感化され、会社の価値観や感性・美学として定着し、いま東海テクノおいて他社とは違う特別な部分の基礎となっています。
 また「良い会社」の国際的な基準としていわれる「持続可能性の高い会社」に対して、その条件に@人が集まる会社、Aお客が集まる会社、B変化に対応できる会社、C業績と財務体質の良い会社を挙げられ、それぞれの@〜Bの条件に東海テクノでの取組実践をあてはめながら、市田社長がポイントとされる部分を解説いただきました。
 時間の都合上、条件Cについてと『特別を極める』については、次回9月例会に“続く”となりましたが、市田社長の人間的魅力と感性とロジカルを合わせた経営力を充分に感じることができた例会となりました。
IMG_1642.JPG
IMG_5502.JPG
posted by 事務局 at 13:54| Comment(0) | 北勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: