2018年07月23日

中勢支部7月例会

7月17日(火)18:45よりアスト津にて中勢支部7月例会を開催しました。
 今回は、南勢支部会員の大王運輸株式会社 代表取締役 天白拓治氏に「中小企業が新卒採用を続ける理由」〜デリバリ王子ができるまで〜をテーマにご報告いただきました。


RIMG0167.JPG

 冷凍チルド配送で三重県の配送業界をリードする大王運輸株式会社は、継続的な新卒採用と充実した社員教育によって、多くの若手社員の定着を実現してきました。具体的には、大卒者のために陳列・在庫管理・鮮度管理・集金・発注など運送会社をこえた多様な仕事を準備し、社員自らの判断や工夫が売り上げに影響するような仕組みを作ってやりがいをもたせること。運んでいる商品の食べ比べや工場見学、三重県内の生産者と消費者を結ぶ地産地消型ネットワーク「たべねっとみえ」など、若手社員が興味をもつような研修や取り組みが紹介されました。自社の取り組みを踏まえ天白氏は、若手社員の定着には、退屈させないよう様々な試みを行い続けることが重要だと述べました。この企業で働き続けたい、と若手社員に思わせるには、仕事や研修の中で新たな発見をし続けられるような仕組み作りが必要なのではないでしょうか。

 続いて行われたバズセッションでは、「わが社の社員の離職率低下に向けての取組み」をテーマに討論を行いました。次回の中勢支部例会は8月21日(火)アスト津にて開催します。


RIMG0183.JPG
posted by 事務局 at 15:40| Comment(0) | 中勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: