2018年03月29日

尾鷲グループ3月例会

 3月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ3月例会を開催しました。今回は講師に片山総合法律事務所尾鷲事務所に赴任された小林大輝弁護士を講師にお招きし、『法律の使い方』をテーマにご講演いただきました。
 法律が記された六法全書。多くの方が弁護士はそのすべてを覚えているとイメージされますが、実際に覚えることは困難であり、多くの弁護士は確認するものとして活用されています。中には極めてシンプルな条文が記されているだけで、その文面だけで様々な事件やトラブルを判断することはできないため、法律の解釈が必要となります。条文に中で使われている言葉の具体的な意味を明らかにし、誰もが納得のいく結論に導いていきます。誰もが納得のいく結論とは、@論理的な理由付けがなされていること、A社会の常識からして妥当な結論であることのバランスがとれいることを指しますが、社会の常識というのは時代によって変化をしていきます。そのため時代に合った形に法律が改定され、裁判での判例・ジャッジも変化していきます。
 今回は刑法・民法の2つのケースをモデルに実際に弁護士がどのように考え、判断していくのかを段階ごとに解説いただきました。法律とは社会の秩序を守るためのルールであり、時代の変化と人々の意識の変化によりルールは変わること、そして法律は細かく限定された条文ではなくシンプルな表記がされているためその解釈も時代によってことなるという基本的なことを理解しておくことが大切です。
 最後に民法が改正される中で、経営者として注目しておくポイントとして@消滅時効規定の見直し、A保証ルールの見直しの2点について紹介いただきました。質疑応答の中では法律に関する質問だけでなく、尾鷲に赴任されたばかりで初めての講演となる小林氏個人への質問も投げかけられ、地域の方とのつながりが芽生えた例会となりました。
IMG_5999.JPG
IMG_5995.JPG
posted by 事務局 at 10:34| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: