2018年02月28日

尾鷲グループ2月例会

 2月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて、尾鷲グループ2月例会を開催しました。
 今回は講師に東海財務局津財務事務所 理財課長 田渕祐樹氏をお招きし、『中小企業への円滑な資金供給や経営課題の解決支援に向けた取組・施策』をテーマにお話しいただきました。
 冒頭に財務事務所の業務について説明いただいた後、地域金融機関の現状と課題について解説いただき、金融庁の指導のもと地域密着型金融への取組がすすめられる中、地域銀行の経営状況が貸出金利などの本業での収益性が低下していることや資産査定中心の健全性評価の偏重を是正し、企業の将来性を評価する事業性評価に基づく融資の促進や企業へのコンサルティングなどのサービス提供強化など対応の変化についてお話しいただきました。
 その中で紹介された経営者保証に関するガイドラインについては制度開始から3年余りが経過しつつも周知がすすんでおらず、参加者のほとんどが認識していなかったこともあり、経営者の個人保証の解除に関わることから、参加者の関心も高く多くの質問がありました。
 経営者保証に関するガイドラインの適用については、@会社と個人が明確に分離されていること、A財務状況が安定していること、B適時適切な報告がなされることが条件であること、また事業性評価においては市場性や利益性・計画性などの項目から各金融機関で事業性評価シートを作成されていますが、一番重視されるのは共通して経営者のリーダーシップや先見性といった資質であるとご説明いただきました。
 今回お話しいただきました金融機関の変化を通じて、改めてこれからの時代を生き抜く上で経営者自身の姿勢と資質と経営力が問われていることを実感する例会となりました。
IMG_4802.JPG
IMG_4806.JPG
posted by 事務局 at 09:56| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: