2017年08月24日

南勢支部8月例会

8月23日 19:00よりいせトピアにて南勢支部8月例会を開催しました。今回は、(株)プラトンホテル 専務取締役・支配人 黒田 美和氏より「組織の中核である幹部社員教育」〜社員の力を最大限引き出すための幹部社員の意識改革とその教育〜をテーマにお話しいただきました。
黒田氏は3つの会社の役員であられます。現状、「役職者の不足」「自分の役割が分かっていない」ということが課題だそうです。(株)サノプランニングでは店長と店長候補に月1,2回の研修したが、アフターフォロー、アウトプットが上手くいかず、理解して落とし込める人が少なかったそうです。
(株)プラトンホテルではワークライフバランスに社員さん同士で考えて取り組まれています。また、中途採用で入社された社員さんは前社のやり方で業務を行うことが多いため、ブランド構築をし、意識改革、方向性の再確認に取り組まれています。
新入社員研修では、外部講師からの研修、1年間の個別相談役の設置、6カ月間の仮配属、社長講和、担当業務以外の内容を含めたグループワークに取り組まれているそうです。研修によって、主体性をもって取り組めるようになったり、グループ会社内での一体感がうまれたりといった成果が出たそうです。
 様々な研修を通して、誰にいつ受けさせるのか、会社のビジョンを明確にする必要性、訓練が伴わないと研修は落とし込みにくいなど見えてきたことが多くあったそうです。
 これから黒田氏は、「一人ひとりが役割を理解し、共に成長しあい輝き、豊かな時間を過ごすことができ、ここが自分の居場所であると思える会社」になっていきたいそうです。

IMG_4505.JPG

IMG_4515.JPG



posted by 事務局 at 11:09| Comment(0) | 会員訪問日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: