2017年06月22日

伊賀支部6月例会

6月21日、伊賀支部の6月例会が開催されました。報告者に桑名支部の株式会社山盛堂本舗、代表取締役社長の益山氏をお招きし「挑戦の連続、前進経営〜地元の誇り企業を目指して〜」をテーマにご報告いただきました。
 益山氏は桑名市多度町であられなどの米菓を製造・販売しています。どんどん縮小していく米菓業界は三重県も例にもれず、現在は県内6社のみとなり、そのうちの2社は自分の代で会社をたたむ決意をしているとのことでした。
 そんな中で、益山氏はどんな小さな仕事でも受け入れるようになると今度は仕事が増えすぎ、残業や人が辞めてしまうという問題に直面することに。そのため、山盛堂では何を目指すのか、何を伝えたいのかを再度見つめることとしました。三重の銘菓として、三重から全国へ発信できる商品にする、地元の方から愛される商品にする、そして海外でも販売する、などと夢を語っていただきました。小学生の社会見学も受け入れ、地域に根付きつつ、大きく羽ばたいていこうと考えておられる益山氏のお話は、挑戦し続けることの重要性を学ぶ例会となりました。
IMG_2161.jpg
IMG_2162.jpg
posted by 事務局 at 09:37| Comment(0) | 伊賀支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: