2017年05月16日

中勢支部総会&5月例会

5月15日(月)18:00より平成29年度中勢支部総会&5月例会を高田会館にて開催いたしました。
支部総会では28年度の支部活動について坂井幹事長より総括報告が行われ、昨年度は会員数が純増10名と広報活動に力を入れたこと、経営指針への支部を挙げた取組など報告されました。また29年度の支部活動では、伊藤新支部長より『同友会活動を通じて強い企業作りと地域社会を共創する』を活動テーマに、経営を語り合う場を作りたいという方針が提案承認され、平成29年度の活動がスタートしました。
5月例会では、『理容店Caratの挑戦!!児童養護施設出身者を「戦力」に〜たった1人の取組が中小企業70社の就労支援の輪になるまで〜』をテーマに、株式会社Caratの代表取締役社長でもあり、現在70社ほどが協力している職親の会ROOKIESの代表をされている高井 英匡氏を講師にお招きし、ご講演をいただきました。施設や施設出身者の実情をふまえつつ、どうしてROOKIESの活動をすることになったのか、良かったこと大変なこと等、順を追ってお話しいただきました。自立機会を与えるという福祉の気持ちと営利を求めて人材確保したいという気持ちのバランスが難しく、信頼関係をつくるまで生活のすべてを面倒みるという覚悟が必要とのことでした。しかし、一度関係が出来てしまえば裏切られることもなく、また真面目な勤務態度からお客様の指名が入ることも。
たくさんの中小企業の輪をつくり、住むところや保証人がいない施設出身者たちが就職に困らないように、そしてやりたい仕事向いている仕事に斡旋できるように、そして人材不足に嘆いている企業の大事な戦力として、ROOKIESはこれからも活動していくということでした。
1494893307325.jpg1494893323896.jpg1494893319306.jpg
posted by 事務局 at 10:55| Comment(0) | 中勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: