2016年11月10日

第24回経営研究集会(北勢支部主幹)

 11月8日(火)にプラトンホテル四日市にて第24回経営研究集会が開催されました。今年度は「幅広い年齢層の経営者が互いを一経営者として認め合い、学び合う」という同友会の持つ良さを改めて実感できる内容となりました。
 企画は分科会から始まり、第1分科会を有限会社青山町新聞舗、取締役会長の礒澤宣昭氏(80代)、第2分科会をミナミ産業株式会社、代表取締役の南川勤氏(50代)、第3分科会には株式会社ヒラマツ、代表取締役の平松洋一郎氏(30代)にそれぞれの世代の視点から経営体験を語っていただきました。
そして、記念討論では旭電気株式会社、代表取締役の前田光久氏、下津醤油株式会社、代表取締役社長の下津浩嗣氏、九鬼資材株式会社、専務取締役の九鬼和大氏をパネリストに迎え、コーディネーターを本企画実行委員長の平松産業株式会社、代表取締役の平松俊範氏が務められました。「時代の先を読め!なりたい経営者になるために」をテーマに、業界に会社にと深く議論が交わされました。また「同友会での世代間交流によって父親の気持ちを知ることができた」といった「同友会の良さ」なども触れられていました。
 参加者は172名にのぼり、60代以上のベテラン経営者の皆様にも多数ご参加いただきました。懐かしい再開の場面も多く見受けられ、学びだけでなく出会いと再会のある経営研究集会となりました。IMG_2527.JPGIMG_2444.JPGIMG_2431.JPGIMG_2422.JPG

posted by 事務局 at 15:38| Comment(0) | 会員訪問日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: