2016年10月14日

北勢支部臨時支部総会・10月例会

 10月13日(木)18:30からプラトンホテル四日市にて北勢支部臨時支部総会・10月例会を開催しました。
臨時支部総会では、北勢支部の29年度の北勢支部長、支部長・幹事選出規程案が提案され、承認されました。
 10月例会では、三重県中小企業家同友会事務局長の成川総一氏より、『自社の強みをつくる・生かす〜強みを生かして成功した経営者の実例から学ぶ〜』をテーマに、会員の事例を用いながら、なぜ強みが必要なのかを第三者目線でご報告いただきました。
 強みとは優位性と戦略が合わさったものであると成川氏は言います。例えば同じ採用でも、企業の目指す方向性が違えばおのずと戦略は変わり、新卒採用に取り組んだり中途採用を行なったりと取組内容は変わってきます。そうやって優位性がつくられ、強みはつくられていくのだと感じるお話でした。
 また、『自社の強みをどのようにとらえ、また展開していこうと思いますか』をテーマにグループ討論を行ないました。顧客のニーズを理解し、“役に立つ”ということが強みになると考えるグループや、顧客や環境、時代の変化に対応する柔軟さも必要だが強みが弱みになることもあるので、常に危機感をもつことも必要だと話し合いました。
IMG_2290.jpg
IMG_2285.JPG
posted by 事務局 at 10:45| Comment(0) | 北勢支部活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: