2016年09月13日

尾鷲グループ9月例会

image1.JPGimage2.JPG9月13日16時から、大台町にある元坂酒造(株)にて尾鷲グループ9月例会を開催しました。
今回は企業見学例会として、中勢支部会員であり、先の伊勢志摩サミットでも使用された酒屋八兵衛の蔵元 元坂酒造を訪問し、蔵の見学と元坂新社長よりお話しを伺いました。
季節的にお酒の仕込みには少し早く、本格的な仕込みシーズンに向けた準備が進められているところではありましたが、築200年を超える趣のある蔵をはじめ、これから仕込みが行われる設備と工程の説明に歴史ある酒造りの奥深さを感じるとともに、参加者からは感嘆の声がもれました。
また見学後には、こちらも築120年を数える座敷に案内していただき、清酒業界の変遷と時代の変化への対応について報告いただきました。
かつては二級酒が大工の日当と同じであった清酒も機械化による大量生産により供給過多になり、ビールや焼酎・洋酒などの多様化から市場が縮小し、値引き競争が加速していきました。こうした中で従来の「東獅子」「五十鈴川」というブランドから現在の「八兵衛」にブランド転換を図り、値引き競争からの脱却と県内販売の強化に取り組りくんでこられました。
東日本大震災以降、日本酒への趣向回帰起こり地酒に対する関心が高まるとともに、和食ブームやサミット効果もあり県外や海外へも販路が広がっています。
とはいえ、元坂社長が引き継いだ時には60社以上あった県内の酒蔵も今は34社に減少。まだまだ厳しい状況の中ではありますが、蔵元の歴史と事業の継承を考え、6年前に戻られたご長男と今年の仕込みの準備をすすめてみえました。
また最後に酒屋八兵衛を試飲させていただき、お話しと合わせて元坂社長の作り手としてのこだわりも堪能させていただきました。
posted by 事務局 at 21:03| Comment(0) | 尾鷲グループ活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: