2019年09月03日

桑名支部 9月例会

本例会では、川瀬悠嗣税理士事務所 川瀬悠嗣税理士 に、「共存共栄を目指して」〜顧客を健全・永続企業へ導く〜をテーマにご報告頂きました。

IMG_4208.JPG

元々税理士を目指していたわけではなかった川瀬氏ですが、父親を事故で亡くしたことをきっかけに税理士を目指し始めました。2008年に税理士事務所を開業しますが顧客は2件。
以前働いていた税理士・会計事務所や居酒屋などでアルバイトをしながらのスタートでした。
しかしこの経験が顧客に寄り添ったサポートを行うため様々な取り組みを生むことになります。
例えば、社員が税務の知識や仕事に必要な勉強をする時間をとり、情報の共有を円滑にする。また社員が分からないことを聞きやすい雰囲気をつくり、(3分間ルール)顧客の要望や相談にできるだけ早く対応できるようにしています。

また同友会の活動を通じて様々な業種の経営者の悩みのトレンドを知り、経営課題を解決する知恵やヒントを得ることで顧客だけでなく自分自身も経営者として成長し、従業員満足度が高い会社にしていきたいと話します。
また、地元桑名の税理士を中心とした経営支援組織『会援隊』の中心メンバーでもある川瀬氏。クライアント企業だけでなく、「今日本に存在する中小企業支援方法を進化させていきたい」そして、「将来は税理士になりたいと思うひとを2倍にしたい」という熱い思いが語られました。
posted by 事務局 at 00:00| Comment(0) | 桑名支部活動