2019年01月31日

MG研修

1月25日(金)から26日(土)にかけて、三重同友会事務局にて人財委員会企画「MG研修」を開催しました。今回は南勢支部・河西誠二郎会員がインストラクターをつとめ、15社24名が参加しました。

IMG_2044.JPG

MG研修では、ひとりひとりが社長になって会社を経営するゲームを行い、1期ごとに本格的な決算〜経営戦略立案〜次の期のゲーム実行、という流れで2日間で5年分の経営を体験し、経営の感覚を身に付け、経営の理論が学べます。
はじめは、ゲームのルールを理解したり、決算書を書くのに時間がかかりますが、MG研修の最大の特徴はゲームを楽しみながら商売に必要な会計が体得できる!ところです。

IMG_2048.JPG

研修後のアンケートでは「事前に計画を立ててやることの大切さを知った。」
「ゲーム感覚で勉強するという新しい学びが非常に良かったです。」とのご感想を頂きました。

☆最優秀賞☆
金澤 宏樹 株式会社 菜友

☆計数力☆
1位 金澤 宏樹 株式会社 菜友
2位 稲垣 法信 株式会社 稲垣鉄工
3位 坂倉 幸穂 株式会社 稲垣鉄工

☆昇り竜☆
浅尾 智寛 株式会社ヒラマツ
posted by 事務局 at 10:01| Comment(0) | 委員会活動

2019年01月30日

尾鷲グループ1月例会

 1月29日(火)19:00より尾鷲グループ1月例会を尾鷲商工会議所にて開催しました。今回は先月入会をされた(株)南清社 小倉社長に「Making of おわせマルシェ」をテーマに報告いただきました。
 昨年で2回目の開催となる「おわせマルシェ」。、第1回の立ち上げから関わってこられた小倉社長から開催に至るきっかけから今日までの経緯と、特に今回実行委員長として取り組んだ想いと実行委員会や開催を通じて学んだことをお話しいただきました。
 実行委員会をすすめていくあたり、第1回ではトップダウン的な組織体制だったことを改め、企業と同じく組織を作っていくためには理念が必要と企画作り以上に理念の形成に時間をかけ、共有浸透を図られました。これによりやるべきことが明確になったことで個々の目標が生まれ行動に変化が生まれます。理念を考える段階ではそれぞれの想いや見ている視点がことなるため、議論も尽きない中で、小倉社長は1つ決して否定をせずすべて肯定して受け止めることを自分のルールとされていました。自分たちで考え議論を深め、全員で確認された理念だからこそ浸透し、個々の行動へとつながっていき、出店100ブース・来場者5000人超という盛り上がりのあるイベントになったと振り返られました。
 おわせマルシェでは若者を中心に東紀州地域内外から多く参加されました。いままで若者を対象にした地域イベントがなかった尾鷲にできた新しいイベントして第3回の開催にも期待が集まっており、すでに開催に向けた準備をすすめています。小倉社長は3回までの開催でノウハウを蓄積し、次にこうした地域を盛り上げる企画を担う後輩がおわせマルシェを超えるものを創り出していくれることを期待しつつ、その時に役立つものとして引き継いでいく考えも紹介いただきました。
 これまでの活動を通じて、自分の足らざるところを知ることができた。また仲間との団結力や知っていることと実践・行動することとの差や難しさを実感することができたと話された小倉社長。こうした機会を得られたことに感謝し、学んだことをもとに自社の経営に活かし社内での落とし込み挑戦されています。
 まずは自らが変わること、そして発信することで変化も得られる気づきも情報も変わってくると笑顔で話された一言が印象に残る例会でした。
IMG_6022.JPG
IMG_6018.JPG
posted by 事務局 at 11:38| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2019年01月17日

南勢支部1月例会

1月16日(水)、鳥羽国際ホテルにて南勢支部1月例会を開催いたしました。今回は(有)IMC経営センター 代表取締役 石川裕史氏をお招きし、『2019年の経済の展望と経営課題』をテーマにお話し頂きました 。
報告では、まず平成の30年間を振り返りつつ、変化し続けることの大切さや幼少期からのファシリテーター教育が経営者を育てる等、ところどころに経営のヒントが示されました。続いて2019年の経営課題については、変化に負けない強さをもつこと、考えながらやること、そのために考える2時間をどう確保するか、という3つが示され、また成功する経営者の条件として「素直」「プラス思考」「勉強好き」というキーワードが挙げられました。
新たな一年の出発にあたって政治経済の動きを整理し、計画や課題を考える貴重な時間となりました。

IMG_2010.JPG
posted by 事務局 at 14:52| Comment(0) | 会員訪問日記

2019年01月09日

桑名支部1月例会

1月8日(火)18:45より、桑名市中央公民館で
桑名支部1月例会を開催いたしました。

今回は報告者に桑名支部オーケーズデリカ株式会社 杉本香織 代表取締役社長、
株式会社菜友 金澤宏樹 取締役統括本部長、社員の皆様をお招きし「社員が輝く、明るい会社の作り方 」〜労使双方の視点から見た良い会社とは〜をテーマに自社の変革についてご報告頂きました。経営者と社員の両側の目線から心も体も健康に生き生きと働ける環境づくりを学ぶ例会となりました。

IMG_1943.JPG

IMG_1963.JPG

報告後、「社員から見た良い会社とは、どのような会社だと考えますか。」というテーマで
グループ討論を行いました。

IMG_1994.JPG


次回の桑名支部例会は2月5日(火)、三重県中小企業家同友会 成川総一事務局長 にご報告頂きます。
沢山のご参加お待ちしております。
posted by 事務局 at 10:29| Comment(0) | 桑名支部活動

北せ支部1月例会

 1月8日(火)18:45よりプラトンホテルにて北勢支部1月例会を開催しました。
 今回は講師に(有)宮地商店/宮地総合保険 代表取締役 宮地良和氏とスマイル部長 宮地幸江氏のお二人を迎え、『良い会社の経営実践に学ぶシリーズ例会』として「維新伝心 新たなステージへ」〜超地域密着戦略からさらなるブランド構築へ〜をテーマにご講演いただきました。
 自転車・石油業から現在の保険代理店へと業態が変化してきた会社の変遷をはじめ、半径3キロ以内に約70%の顧客を持つという地域の中で圧倒的に選ばれるNo1企業に至るまでの超地域密着戦略をいかにして取り組みすすめてきたか、またここまで来られた原動力や従業員との向き合う姿勢や関わり方、そしてCSRの推進として地域貢献への考え方や外部への発信など具体的な事例を含めてお話しいただきました。
 2016年には創業50周年を迎え、「維新伝心 新たなステージへ」をテーマにさらなる飛躍に挑戦され、昨年には健康経営優良法人の認定の取得やBCPへの取組など経営品質の向上を図られ、宮地氏を中心に社員一丸となってグッドカンパニーを目指して取り組みをすすめてみえます。
 地域密着戦略における商品・地域を絞りこみ、足りない部分や今ない部分をいかに補う仕組みを作るか、その場面場面での経営者としての考え方・決断とその判断基準など多く学びと気づきをいただく例会となりました。
IMG_0065.JPG
IMG_0077.JPG
IMG_0079.JPG
posted by 事務局 at 10:14| Comment(0) | 北勢支部活動