2018年03月30日

南勢支部3月例会&活動説明会

3月28日(水)19:00より伊勢市下野工業団地組合事務所にて、南勢支部3月例会&活動説明会を開催しました。今回は報告者に(有)二軒茶餅角屋本店 代表取締役社長 鈴木成宗氏をお招きし、『私は、こうしてクラフトビール世界一になった』〜創業430年の老舗社長が、430年の永続の秘密を語る〜をテーマにお話しいただきました。
鈴木氏からは冒頭に創業から430年の歴史の中で、二軒茶餅で知られる餅事業を中心とした上で、3〜4代おきに新たな事業を起こす経営者が現われ、変革を繰り返しながらいまの形になっていることを紹介いただきました。中でも現在も続く味噌溜まり・醤油醸造の事業では古来より続く伝統的な製法を今に伝え、100年を超える醸造施設は伊勢まちかど博物館に認定されています。またクラフトビール事業は、下野工業団地に新たに新工場を建設中で7月中旬に完成が予定されており、世界を視野に新たな展開を図る拠点として準備がすすめられています。
ビール事業を始められたきっかけとして、り、ご自身が会社に入られた頃に餅事業と醸造事業に飽きていた時期であったことと、鈴木氏の幼い頃からの微生物への興味(微生物愛)や伊勢に対する郷土愛、また1番になれるならなってみたいという好奇心の3つ要素、そして大学時代に微生物研究を通じて世界との距離感が近く、常に世界一を目指すということが意識付いていたことからクラフトビール事業で世界一になるという目標設定が事業を立ち上げ当初から出来上がっていきました。
より明確な目標とするために5年という期限を決めて取り組みはじめた鈴木氏は、常に社員に世界一をとることを伝え続け、その目線やレベルを維持すべく社員を含め世界を巡り広く情報と知識を集め、商品開発に取り組まれました。そして取組から6年目で世界一の賞を受賞されます。
しかしその後世界一をとっても売れないという時代を経験されます。生産と販売の違いや品質評価と消費者ニーズの違いなどを実感し、改めて経営やマーケティング戦略などを徹底的に学び直されました。そこから製造と販売のあり方を改革し、業績も右肩上がりに成長し世界へも展開が広がっています。
最後の質疑応答の中では鈴木氏からご自身の経験を踏まえて、準備ができたら始めるのではなく、まずは明確な目標を決めて行動に移すことが大切であること、そして人脈は運ではなく、様々な人との出会いを常に自分から求めていくことと出会いを引き寄せる人としての魅力を磨くことの大切さをお話しいただきました。
IMG_6007.JPG
IMG_6012.JPG
posted by 事務局 at 09:42| Comment(0) | 南勢支部活動

2018年03月29日

尾鷲グループ3月例会

 3月27日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ3月例会を開催しました。今回は講師に片山総合法律事務所尾鷲事務所に赴任された小林大輝弁護士を講師にお招きし、『法律の使い方』をテーマにご講演いただきました。
 法律が記された六法全書。多くの方が弁護士はそのすべてを覚えているとイメージされますが、実際に覚えることは困難であり、多くの弁護士は確認するものとして活用されています。中には極めてシンプルな条文が記されているだけで、その文面だけで様々な事件やトラブルを判断することはできないため、法律の解釈が必要となります。条文に中で使われている言葉の具体的な意味を明らかにし、誰もが納得のいく結論に導いていきます。誰もが納得のいく結論とは、@論理的な理由付けがなされていること、A社会の常識からして妥当な結論であることのバランスがとれいることを指しますが、社会の常識というのは時代によって変化をしていきます。そのため時代に合った形に法律が改定され、裁判での判例・ジャッジも変化していきます。
 今回は刑法・民法の2つのケースをモデルに実際に弁護士がどのように考え、判断していくのかを段階ごとに解説いただきました。法律とは社会の秩序を守るためのルールであり、時代の変化と人々の意識の変化によりルールは変わること、そして法律は細かく限定された条文ではなくシンプルな表記がされているためその解釈も時代によってことなるという基本的なことを理解しておくことが大切です。
 最後に民法が改正される中で、経営者として注目しておくポイントとして@消滅時効規定の見直し、A保証ルールの見直しの2点について紹介いただきました。質疑応答の中では法律に関する質問だけでなく、尾鷲に赴任されたばかりで初めての講演となる小林氏個人への質問も投げかけられ、地域の方とのつながりが芽生えた例会となりました。
IMG_5999.JPG
IMG_5995.JPG
posted by 事務局 at 10:34| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2018年03月22日

中勢支部3月例会

3月20日(火)松阪カリヨンプラザで中勢支部3月例会を開催致しました。

IMG_5950.JPG

講師に出口裕章税理士事務所、出口裕章氏をお招きし、
「企業と税務」〜税務と企業コンプライアンス〜をテーマにご講演頂きました。

IMG_5951.JPG

元税務官である出口氏から税務署のシステムの講話を通じて国税局の仕組み、
組織を知り萎縮することなく、企業コンプライアンスを保持し強固なものにし
柔軟に対応していくかを分かりやすく解説していただきました。

IMG_5989.JPG

ご参加いただいた皆様(会員21名 オブザーバー3名)ありがとうございました。

IMG_5974.JPG

次回の中勢支部例会は5月9日(水)です。
ご参加お待ちしております((´∀`))

posted by 事務局 at 20:23| Comment(0) | 中勢支部活動

2018年03月15日

北勢支部3月例会

 3月8日(木)18:45よりプラトンホテルにて北勢支部3月例会を開催しました。今回は講師に日本絨氈(株)代表取締役の池ア博之氏をお招きし、『時代に要請を察知し、新たな分野に挑戦し続ける』〜社会になくてはならない企業を目指して〜をテーマにご講演いただきました。
 池ア氏からは冒頭に企業概要とご自身が経営者として学んでこられた中での師となる方との出会いや心に残る金言をご紹介いただき、「いくつになって学び続ける」という池ア氏の生き方・姿勢ついてお話しいただきました。また時代の転換期といわれる現在を変化が常態の時代にあり、とくに第4時産業革命が本格化するとの時代認識と対策提案についてもご自身の見解を交えて解説いただきました。
 経営者としての実践についても日本絨氈(株)に入社し経営に携わり始めた段階から、基幹事業であった織りカーペットから退潮の変化を迅速に捉えタフトカーペットへの転換を図られ、他社に先駆けての最新設備導入による先行利益と新しい分野の販路開拓と営業戦略を顧客一体型営業への切り換えなど試行錯誤の中でも常に変化を意識し、時代の要求や変化を掴み、既存の形に拘らず新しい分野や市場に挑戦し続け、時代にマッチする自社の強みを磨き強化して来られました。
 時代の捉え方をはじめ経営者としての学び、変化に挑戦し続ける姿勢と行動力に、参加者の多くが感銘と刺激を受け、その日本絨氈(株)の変化の中にしっかりとした戦略性を感じ取ることができた例会となりました。
IMG_5933.JPG
IMG_5935.JPG
posted by 事務局 at 15:16| Comment(0) | 北勢支部活動