2017年11月22日

企業力向上委員会 外国人実習生&留学生活用セミナー

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG11月22日(水)17:00より事務局4階会議室にて外国人実習生&留学生活用セミナーを開催しました。
人手不足が企業経営における大きな課題としてあげられるようになり、いかに人材確保に取り組んでいくかが企業存続を左右する時代となりました。
こうした中、企業力向上委員会ではグローバル人材の視点から外国人実習生や留学生また高度技能人材の採用・活用をテーマに、それぞれの制度や仕組みをはじめ実際の採用にかかるノウハウなどについて、協同組合WBS安心ネットワーク三重支店代表を務める(株)PlanB代表取締役 浜中俊哉氏と鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部 入試広報キャリア課課長 米島久雄氏より具体的な事例を交えながらお話しいただきました。またベトナム人実習生の受入をされている企業の事例として(株)アガタ製作所代表取締役 市川幸平氏より受け入れに至った経緯から実際に活用されている上でのメリットやデメリット、受け入れにあたってかかる目に見えない手間やコストなど実体験をもとにご報告いただきました。
実習生制度については、知っているようで理解していない送出機関と日本語学校と受入機関の関係や企業に掛るコストまたこの11月での改正ポイントなど正しく理解しておくことでメリットが享受できることが確認されました。
また留学生の採用についても在留資格や入国管理局への手続きなどの知識とノウハウが重要で、企業の求人や問い合わせは増加しているが、在留資格に合致していない求人も半数以上あるという現状も指摘されました。
実習生の受入では、仕事だけでなく生活面でのケアや日本の文化や習慣・ルールを伝えることが必要であり、1つ1つを丁寧に教えていくことが大切であること。またそうしたコミュニケーションや関係性がしっかりと構築できれば、日本人と同じくらいまたそれ以上に会社に愛情を持って仕事をし、地域にとけ込んで生活できることが理解できました。
これからの人材確保において、より良い人材を求める選択肢の一つとして実習生や留学生の活用が有用で大いに可能性を感じられるセミナーとなりました。
posted by 事務局 at 19:21| Comment(0) | 委員会活動