2017年10月13日

北勢支部10月活動説明会&例会

10月12日(木)18:45よりプラトンホテルにて北勢支部10月活動説明会&例会を開催しました。今回は報告者に(株)伊藤製作所 代表取締役社長 伊藤 澄夫 氏をお招きし、【良い経営者になるシリーズ第3章】として『経営者は「どうあるべきか」「どうなすべきか」「どうなるべきか」』〜父から引き継いだ経営哲学と儲かる仕組みの3つの要因〜をテーマにご報告いただきました。
 伊藤氏は、先代社長のお父様から伝えられた「社員を大切にすること」を重視されています。社員さんに希望を持ち続けてもらい、社員さんがその気になって仕事が出来る環境作りをすることが経営者にとって大切な事だとお話しいただきました。そのために、利益を設備投資に使い、更なる自社の発展、社員さんの技術向上に取り組まれています。
 伊藤氏から質疑応答の時間を長く設けていただき、会員さんからのたくさんの質問に答えていただきました。会員さんからは、「社員さんとの接し方を考え直そうと思った。」「社員さんが楽しんで仕事に取り組める環境作りをしていかなければならない。」などの声が聞かれました。
 100名を超える会員さんとオブザーバーの方に参加いただき、深い学びが出来る例会となりました。

IMG_5153.JPG

IMG_5141.JPG







posted by 事務局 at 11:03| Comment(0) | 会員訪問日記

2017年10月12日

中勢支部・尾鷲グループ10月例会

10月11日 15:00より尾鷲物産(株)にて中勢支部・尾鷲グループ10月例会を開催しました。今回は、尾鷲物産(株) 代表取締役 小野 博行氏より、『今を見て未来を見据える経営とは?』〜世界の尾鷲への道のり〜をテーマにお話しいただきました。
 15:00から16:00の間の1時間で尾鷲物産(株)を見学させていただきました。ブリを5枚におろす工程を見させていただき、会員さんからの質問にも小野社長と担当者の方とでお答えいただきました。
16:00からは小野社長に尾鷲物産(株)の社歴や取り組みについてお話しいただきました。小野社長は会社を変化させていくことを考えられ、いろいろな数字のシミュレーションや、やめることを決めて養殖に特化することに取り組まれました。やめることを決めるには社長の勇気・決断・行動力とそれを社員さんと一丸となって取り組むことが大切であるとおっしゃられていました。また、ノルウェーの水産業を学ばれ、生産者主導型のバリューチェーンを構築されています。
直営の地場産品直売所「おとと」にも取り組まれ、地元の魚を食べるところが少ないことからバス客を対象にしていたものを地元客を対象したものへ移行されました。懇親会も「おとと」で行わせていただきました。普段は体験できない貴重な時間となりました。

image1 (3).JPG

image2.JPG


posted by 事務局 at 11:09| Comment(0) | 中勢支部活動