2017年06月09日

北勢支部6月例会

6月8日(木)18:45よりプラトンホテル四日市にて北勢支部6月例会を開催しました。
今回は、ランチェスター経営三重(有)取締役社長の岩崎功氏に『経営者は何を学ぶべきか?【良い経営者なるシリーズ序章】』〜「経営者戦略」の視点から「正しい自社分析」と「経営者の役割」を確認する〜をテーマにお話しいただきました。
ランチェスター法則をもとにお話をしていただきました。テーマにあるように自社分析のお話では、体に例えて健康診断をする必要があるというお話があり、参加された会員さんからは「健康診断から始めてみます。」というお声が聞かれました。
業績をよくしていくには、社長の役割は、などをお話していただいた後、強者の経営戦略・弱者の経営戦略について詳しくお話していただきました。
 全体を見る力、社員さんとの意識の共有など経営者に必要な力のお話もあり、たくさんの学びある熱いご講演をしていただきました。
CIMG6509.JPG
CIMG6512.JPG



posted by 事務局 at 11:40| Comment(0) | 北勢支部活動

中勢支部6月例会

 6月8日(木)18:45よりカリヨンプラザにて中勢支部6月例会を開催しました。
 今回は、東京理科大学経営学部 教授 奥村 哲史氏より『トランプ大統領の行動から考える:交渉力と影響力』〜「知的なジャイアン」の強みと弱み〜をテーマに前半後半と分けてお話しいただきました。
 経営者はトップとして交渉する場がたくさんあります。時の人であるトランプ大統領の行動から、交渉の基本技術やそれに対応する技術、そしてそれを身につけるために大事なことを具体例を用いてご講演いただきました。交渉とは相手を自分の方へと動かすことであり、交渉の場につく前に一番大事なことは、相手の情報をたくさん集め、もし決裂したときのことを考えておくことだそうです。そうすると、相手のペースにのまれることなく、交渉できるとのことです。
 後半は影響力について、リーダーは前任者と同じことをせずにマネジメント(人を動かす)方法を考えることが大事であるということでした。社員が言うことを聞いてくれるのはなぜなのか、動かしたい(動いてもらいたい)相手の情報を得るためにはどうしたらいいのかを考えることが大切とのことでした。
 前半後半の間にミニバズセッションを設け、奥村氏にはたくさんの質問や悩みに答えていただきました。
IMG_3910.JPG
IMG_3911.JPG
posted by 事務局 at 10:43| Comment(0) | 中勢支部活動