2016年05月26日

中勢支部総会&5月例会

5月25日(水)18:00より中勢支部総会&5月例会を高田会館にて開催しました。
支部総会では前年度の活動報告や今年度の活動方針について提案がされ、承認されました。今年度はメインテーマを「同友会的PDCAサイクルで企業力を高めよう」とし、同友会での活動を通じて、考え、実践し、語り合い、さらに学びを深めていこうと団結しました。
5月例会では、兵庫同友会会員のトータルインシュアランス(株)代表取締役 垣谷泰三氏より『経営指針はなぜ必要か』〜経営指針を実践することでみえてきたもの〜をテーマに、経営指針が必要だと思った理由、実践した結果や従業員とのコミュニケーションの具体的な取り方をお話しいただきました。経営者はシナリオライターでありコーディネーターである、経営指針成文化運動とは会社を「あるべき姿」へ導く設計図であるなどぐいぐいと引き込まれるお話でした。
経営指針の作成の重要性を再認識できた例会となりました。今後、三重同友会でも経営指針書を作成の勉強会の場を設けていきたいと思っております。
IMG_1521.JPG
IMG_1497.JPG
posted by 事務局 at 12:13| Comment(0) | 中勢支部活動

2016年05月13日

北勢支部総会&5月例会

5月12日(木)18:15より北勢支部総会&5月例会をプラトンホテルにて開催しました。
支部総会では伊藤支部長より前年度の活動報告及び今年度の活動方針と活動テーマ「「同友会を学ぼう!同友会で学ぼう!!」〜学び方を学び、経営者としての引出しをふやそう!!〜が提案され、承認されました。今年度は8グループですすめられるグループ会活動についても、各グループ長よりそれぞれの活動テーマと計画が報告されました。
5月例会では三浜紙器(株) 代表取締役 南川伸一氏より、『小さな事をコツコツと。』〜実践から気づく本当の学びとは〜をテーマに、一業界依存であった企業体質を他分野他業種の開拓に取り組み、顧客業種別シェアを劇的に変化させてこられた経緯をはじめ、自らが積極的に学んだことの一つ一つを継続し積み重ねてこられた実践事例や障がい者との出会いから社会復帰を目的に設立されたみはま作業所の取組などをお話しいただきました。
経営者が学ぶことの大切さ、そして学びの中から実践すること選択し継続して取り組み、それを積み重ねていくことが重要であることを再確認した例会となりました。
IMG_1439.JPG
IMG_1441.JPG
posted by 事務局 at 17:23| Comment(0) | 北勢支部活動

2016年05月10日

尾鷲グループ5月例会

5月9日(月)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ5月例会を開催しました。
今回は講師にゆみ社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士 の國安院ゆみ氏(北勢支部会員)をお招きし、『経営戦略としてのワークライフバランス』〜女性の持つ能力を信じて、仕事を任せてみませんか?〜をテーマにご講演いただきました。
近年、国をはじめ三重県においても重点課題して挙げられ、様々な政策が打ち出されているワークライフバランス。今回は何故いまワークライフバランスがさけばれているのかについて、時代の変化による価値観の変化と(労働力)人口問題から今後の経営に及ぶ影響を分かりやすく解説していただきました。
生涯未婚率の上昇と晩婚化による大介護時代が訪れることで、介護を理由に休職するベテラン層の増加や育児と介護が同時進行などから、企業は個人に依拠した仕事の仕方では立ち行かなくなることが予想されています。また人口オーナス(減退)期にある日本では、人口ボーナス(増加)期のカルチャーから抜け出せないままでは、働き方の評価や価値観をはじめ多様性への対応にズレが生じていることが指摘されました。
これからの時代においては、企業として優秀な人材をいかに社内に確保するかを考えた経営が重要であり、経営戦略の中にワークライフバランスを取り入れ、固定概念に縛られない多様な働き方や労働環境の整備をはじめ女性と高齢者の活用推進を図っていくことが必要であり、そうした社内の改革に向けて、経営者自身が明確に宣言として打ち出し、粘り強く取組を続けていくことが大切であるとお話しいただきました。
いまは行政が注力して取組をすすめている時期であり、様々な支援制度が打ち出されています。子育て紗ポート企業認定「くるみんマーク」や仕事と介護の両立支援シンボルマーク「トモニン」など新たな認定・登録制度も始まっており、大手企業を中心にその取り組みは拡がりはじめています。ISOなどの認定のように今後こうした取組をすすめる企業が選ばれる企業の要素の1つになることも考えられます。参加者からは具体的な制度の活用方法や取組の進め方などについての質問が出され、時間が足りず次回も継続したテーマとして取り上げることとなりました。
IMG_2930.JPG
IMG_2935.JPG
posted by 事務局 at 20:40| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

桑名支部 5月例会(支部総会)

IMG_20160510_184806.jpgIMG_20160510_184842.jpg

事務局の加藤です。5月10日に桑名支部で5月支部総会が行われました。講師として、沖縄県よりエールクリエイト株式会社の仲田憲仁氏をお招きし、仲田氏が創業から利益を伸ばし続けている秘訣について学びました。

仲田氏は貧しい幼少期を過ごし、学生時代にはファミレスでアルバイトをしていました。アルバイトを通し、人が入れ替わる毎に売上が上下するのを見て、経営とは人なのだと気付いたそうです。

  社員時代を経て、後に社員3名とお金もない0からの創業をし、10年で社員72名、売上100倍を達成しました。その秘訣は、ヒト・モノ・カネ・トキ・バショに加えて、仕掛けと工夫とのことです。例えば、営業マンは毎月月末になると数字を上げるために、焦り、自らに発破をかけて数字を上げます。ここで仲田氏は、1年が24ヶ月なら売上はもっと上がるのではないかと考えたのです。実際に締め日を増やして1年を24ヶ月で割ったところ、売上が2倍になりました。仕組みづくりをした結果といえます。

それ以外にも、定期的な社内アンケートによる心のケアに加えて、人間関係の把握に努めたり、社員が飽きない会社づくりなどの仕組みづくりを行っているそうです。他にも、地域になくては困ると思われる会社を目指すなど、まさしく人を活かす経営の様々な実践報告をいただきした。


posted by 事務局 at 19:47| Comment(0) | 桑名支部活動