2016年02月24日

中勢支部2月例会

image1.JPGimage2.JPG2月24日(水)18時45分からアスト津にて中勢支部2月例会を開催しました。今回は講師に(株)浅井農園 代表取締役 浅井雄一郎氏を迎え、『付加価値創りの歩み』をテーマにご講演いただきました。
浅井氏は大学を卒業後、コンサルティング会社を経て家業である浅井農園を継承され、「植物の可能性を探求し、新たな価値を創造する」という信念のもと農業に科学性と事業性を合わせた産業化を図るとともに、次世代若手農業者の育成を進めてみえます。
講演では新たな事業としてトマトの施設園芸での品種改良や栽培技術の開発に取り組みや地元企業との連携し立ち上げられた「うれし野アグリ」ICT技術を導入した生産性管理システム、みえ次世代ファーマーズmiel(ミエル)での活動などをお話しいただきました。
農業は商工業よりも遅れているいわれる業界であり、高齢化が進んでいます。その中で、様々なネットワークや企業との連携、新たな品種・技術の開発などで付加価値を高めるとともに収益性を高め、競争力を高め事業として成り立つ農業への成長を目指す浅井氏の活動からは、農業に限らず企業経営に通じるところも多くあり、参加者それぞれに学びと刺激を受けました。
posted by 事務局 at 21:23| Comment(0) | 中勢支部活動

2016年02月20日

人財委員会 仕事の生産性向上研修会

事務局の加藤です。2月17日(水)に三重県教育文化会館にて人財委員会企画、仕事の生産性向上研修会を行いました。セミナー講師はテムスト株式会社、キャリア教育事業部部長の森哲也氏です。
森氏のレゴブロックを用いた体感型のセミナーは各所で好評を博しています。人気の秘密は「わかるようになる研修」ではなく「できるようになる研修」ということです。レゴブロックを用いることで、生産性や効率向上のために、職場、生産現場の改善方法が頭だけでなく体で覚えられるのです。
今回の研修では計3回、レゴブロックをなるべく早く規定の形に複数組み立てる「生産の模擬体験」をしました。そして各チームは3人、5人と人数もバラバラです。組み立てタイムを見てみると、5人チームの1回目の組み立てタイムより、3人チームの2、3回目のタイムの方が早くなりました。これは「慣れ」だけでは決してありません。会社の人手不足は仕事の整理整頓、見直しで解消されるかもしれないのです。
最後に、生産性がよく一番儲かったチームはどのチームになったのでしょうか。結果は5人チームでした。しかし3人チームも僅差で2位でした。確かに、3人チームで5人分がこなせられれば経費は安く済みます。しかし3人チームでは、リーダーシップをとる者がプレイングマネジャーとならなければならず、分担や進捗状況を把握できなくなってしまいます。小さな改善が、大きな改善につながることがわかる研修でした。1455682623267.jpgIMG_20160217_133637.jpg
posted by 事務局 at 10:47| Comment(0) | 委員会活動

2016年02月19日

ITビジネス委員会セミナー

image1.JPG2月19日(金)19:00から事務局会議室にて、ITビジネス委員会セミナーを開催しました。
今回のセミナーは、ITが普及している今日にとって非常に大切である、セキュリティリスクについて、「社長こそ知らなきゃ!最新の情報漏洩リスク対策」~セキュリティの基本は社長の姿勢です~をテーマに、東海フィールドサービス 代表 石川篤氏より講演いただきました。
近年新しいウィルスの発見数は減少傾向にあるが、インターネットバンキングによる不正送金被害は爆発的に増加している傾向にあり、今のウィルス被害は金品の搾取に直接つながるものが非常に多くなっているそうです。対策としては、必ずパソコン等に入っているソフトを最新のバージョンに更新していくことが一番大切ですが、業務に関わらないようなソフトをなるべく入れないようにすることが一番の対策とのことです。当たり前のことですが、なんらかの原因により、最新バージョンに更新されていない場合があるので、定期的に確認をする必要があるとのことです。
posted by 事務局 at 20:32| Comment(0) | 委員会活動

南勢支部2月例会

2月17日(水)19時より南勢支部2月例会をイセトピアにて開催しました。今回、講師に(有)兵吉屋 代表取締役社長 野村一弘氏をお招きし、『事業転換成功への道』をテーマにご講演いただきました。
野村氏は元々先代から建設業を引き継ぎ、経営を学ぶため同友会にも入会されていました。前々回のご遷宮の後、ある例会でこれから景気は下り坂になるととの話を聞き危機感を持ち、自社のお客様の分析を始められました。工事の依頼主である施主の原資が観光需要に起因していることがわかり、自社の事業を守るためにも地域の観光産業を発展させることが必要と地域資源の掘り起こしに着手れました。地域活動に積極的に関わる中で、石神さんのお守りや海女小屋体験などを仕掛けられ、新たな観光スポットとして成果を上げられています。
本業を守るために取り組み始めた活動でしたが、いまでは社名も変更し観光事業をメインに転業されました。
遷宮後はまだ建設事業も好調でありながら、体力のあるうちにと次の展開に行動を起こされた野村氏。その先見性と行動力が業態転換を実現された大きな要因であり、新たな展開を図る際に必要なことであることを改めて学んだ例会となりました。
image1.JPG
image2.JPG
posted by 事務局 at 09:25| Comment(0) | 南勢支部活動

2016年02月17日

経営者共育委員会心の癒し処セミナー(最終講)

2月16日(火)18:00より第6回心の癒し処セミナーをプラトンホテルにて開催しました。
今年度最終講となる今回は、自分に気づく体験的ワークをテーマにゲシュタルトセラピーのグループエクササイズとグループワークを行いました。
グループエクササイズでは、体を動かしながら「嬉しい・楽しい」などの感情をどこで感じるかを考え、思考と感情(感覚)との違いを体験しました。人は考える前に感情を感じていますが、その感情をそのまま表に出すことは稀であり、日常的には思考によって書き換えられています。本来感じている感情に耳を傾けることで、自分本来の力や姿を取り戻すことができます。
またグループワークでは、時間の都合上、個別の問題を取り上げるワークは1人だけとなりましたが、最後に全員でシェア・フィードバックを行うことでそれぞれの気づきを共有することができました。
6回シリーズのセミナーを通じて、思考と感情の違いや自身の内面を探求し、本来の自分・ありのままの自分に気づくことを体験してきました。自分自身に問いかけることで、抱えている悩みや心の葛藤などの解消を図ることができました。
経営者共育委員会では、今後も心のケアや自分を見つめ直す機会として、セミナーを企画していく予定です。皆さまのご参加をお待ちしております。

IMG_2790.JPG

IMG_2802.JPG
posted by 事務局 at 12:35| Comment(0) | 委員会活動