2020年10月21日

尾鷲グループ10月例会

10月20日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ10月例会を開催しました。今回は講師に特定NPO法人おわせ暮らしサポートセンター 理事長 木島恵子氏をお招きし、『おわせ暮らしサポートセンターの活動と現状』〜地域との連携〜をテーマにご講演いただきました。
今回の講演にあたっては、木島理事長から組織概要の説明をはじめ、中尾拓哉副理事長、豊田宙也副理事長、スタッフであり定住移住地域おこし協力隊・移住コンシェルジュの郷橋正成氏の4名から、それぞれが担当されている活動内容についてお話しいただきました。
おわせ暮らしサポートセンターは地域おこし協力隊の方々がそのままおわせに定住し活動するための受け皿として設立され、空き家の利活用事業や空き家の再生、関係人口づくり、移住定住の支援を行っています。理事スタッフの皆さんも地域おこし協力隊として県外から移住し、これまで定住・移住コンシェルジュとして地域の方との関係づくりをはじめ、地域の資源や魅力を発掘し、情報の発信やおわせのまちづくりに取り組んでこられました。
地域おこし協力隊としての期間を終えた後も、地元の方々とのつながりをもとに尾鷲に移り住むことを考えている方々が地域のコミュニティとつながる新しい場づくりや環境づくりに、「ふるもん市」や「土井見世ワークショップ」、シェアオフィス、交流イベントなど様々な企画を開催されています。
三重県も誘致に取り組んでいるワーケーション事業では、受入体制構築のためのモデル事業として受託が決定し、ワーケーションだけでなくバケーション・アズ・ワーク(出張の前乗りや後で付け足す仕事としての休暇)の視点も加えて、働き方だけでなくライフスタイルの改革を提案しています。
コロナ禍をきっかけに地方への移住を考える方も増加しており、問い合わせ件数も昨年までの3倍近くになっています。若い世代のファミリー層も増えており、尾鷲地域への移住定住につなげていきたいとお話しいただきました。
IMG_5988.JPG
IMG_6000.JPG
posted by 事務局 at 17:52| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2020年10月09日

中勢支部10月例会は「非常時から学ぶ、日常の組織づくり」がテーマでした!!

2020年10月8日(木)中勢支部10月例会を開催しました。
今回は、『非常時から学ぶ、日常の組織づくり』〜震災から10年、宮城同友会の動向から〜
をテーマに、宮城同友会代表理事 鍋島 孝敏氏(日東イシダ(株) 代表取締役会長)にご講演いただきました。

C4101D4D-8B3D-4659-AD11-CF9101696E98.jpeg

47DFDB6F-DF90-46B2-AA1C-E69B0A0A1044.jpeg

東日本大震災からおよそ10年の時が経過しました。
宮城同友会においては沿岸部の会員企業150社が特に大きな影響を受けたと言います。
しかしながら、廃業した企業はわずか3、4社。ほとんどの企業がこの困難を乗り越えられました。

その背景にあったのは同友会会員の日頃からの企業作りのあり方でした。鍋島氏によると、理念や経営指針が社員に浸透している企業ほど、震災後の再始動が早期にできたそうです。つまり有事にこそ、平時の取り組みがあらわれるのです。

「有事になったらこうしよう」ではなく、日ごろからの企業作りの積み重ねがいかに重要か、そして理念が社員のひとつひとつの行動へとつながり、それが有事に大きな力を発揮することを学んだ例会となりました。

D7BA31D9-8E68-4813-A7DE-949E799CF758.jpeg

B606FB0C-8AC9-4D54-B5EA-F9F6AEE38B12.jpeg

6AD1E722-100D-44BC-A7A6-A2EBFEE5DD25.jpeg
posted by 事務局 at 09:38| Comment(0) | 中勢支部活動

2020年09月30日

尾鷲グループ9月例会

 9月29日(火)19:00より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ9月例会を開催しました。今回は講師に(株)デアルケ 代表取締役 岩本 修氏をお招きし、『移住』〜ゼロからの農業〜をテーマにお話しいただきました。
 愛知県大府市出身の岩本氏は、大学卒業後にアメリカに語学留学している間に両親が三重県紀北町に移住し、帰国と同時に紀北町へ移り当地での農業に光明を見出し、農業に関する知識は全くない状態ながら就農を決意しトマト事業をスタートします。農地の取得と整地から学びながらの生産と事業開始から4年ほど厳しい状況が続く中でも、特異性・希少性と品質を追求し、販売を最後まで考えた生産とマーケティング、ターゲティング、ブランディングを考えた商品開発に取り組み、現在は高い利益率を維持しています。
 農業の生産・加工・販売においてはしっかりとした戦略を持つことが重要と語る岩本氏。いかに尖るか、どこかで飛び抜けている部分で勝負することを意識し、ターゲット層を絞り、商品デザイン・ネーミングも考慮し、ストーリー性など商品をみるだけでは伝わらない背景部分を伝えることで説得力を高める取組など厳しいマーケットでは戦わないよう戦略を練って歩んでこられた事績を紹介いただきました。
 現在はトマト事業以外にも特異性・希少性の高いイチゴや食用ホオズキなどの生産をはじめ、地元の道の駅の管理運営やカフェ事業なども展開。他にも次々に新しいアイデア・発想から行動を起こし、地域の垣根を超えた連携や異業種との連携なども進行中。同じことをしているだけでは続いていかないこと意識し、常に新たなチャレンジに目を向け行動し、マーケットメイク(岩本氏造語)に向けてアプローチをされています。
 どんな時でもポジティブな視点で良いところをみる岩本氏は、人と企業がひしめく東京では目立たないことも、紀北町という地域ではクローズアップされるという利点を生かし、地域の農業の将来をはじめ地域の活性化に向けてのビジョンについてもお話しいただきました。
IMG_5734.JPG
IMG_5738.JPG
posted by 事務局 at 12:20| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2020年09月15日

「ZOOMでDOYU会」第7弾『経営者の健康維持が会社の未来を支える!!』〜人生100年時代に備えた健康づくり〜を開催しました!!

 2020年9月14日(月)18時より、「ZOOMでDOYU会」第7弾『経営者の健康維持が会社の未来を支える!!』〜人生100年時代に備えた健康づくり〜を開催しました!!
講師は、NPO法人三重県生涯スポーツ協会理事長で鈴鹿大学でも講師をつとめる竹田 昌平氏。前半では、人生100年時代に備えた健康づくりについてお話しいただき、後半は、自宅でできるトレーニングを実際にご紹介いただきました。

9CB57F5B-83A6-4706-83BE-51642130EFA4.jpeg
△写真中央が竹田氏

竹田氏が理事長をつとめるNPO法人三重県生涯スポーツ協会では、子ども向けのスポーツスクールやスポーツ施設の管理を行っています。

講義では、人生100年時代に向けて、ただ長生きするのではなく「健康で長生きする」ための準備をすることが重要であることについてお話しいただくとともに、従業員の健健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す「健康経営」の意義についてわかりやすくご解説頂きました。

6165283D-38E5-40F9-A3FD-A982DBB4B9FA.jpeg

572035FB-B173-49BE-8271-981D3BFB3808.jpeg

後半は自宅でできるトレーニングの方法をご紹介いただき、会場での竹田氏のポイント解説を参考にしながら、ZOOM参加者もそれぞれの場所でトレーニングを実践しました。会場には4名の会員が参加し、実際に竹田氏からレクチャーを受けました!!

98700C3C-D739-4512-BF85-AA6D5BD07EE5.jpeg

8202E31D-B770-4ABE-AC91-43A0ED4BEC0C.jpeg

カメラワークや音声にもこだわり、実技の様子がZOOM参加者にもしっかり伝わっていました。「健康」という視点で自身や自社の経営を見つめなおす貴重な機会となりましたね!!

posted by 事務局 at 09:28| Comment(0) | ZOOMでDOYU会

2020年09月11日

中勢支部9月例会は「DX(デジタルトランスフォーメーション)」がテーマでした!!

9月10日(木)、中勢支部9月例会を開催しました!
今回は、北勢支部より(株)フルバック 代表取締役 藤牧正浩氏をお招きし、『コロナで加速!NEWデジタル化』〜これからの経営を左右するDX(デジタルトランスフォーメーション)の波に乗り遅れるな〜をテーマにお話しいただきました。

8AFCF69C-C7E9-4F6F-ACCA-EB96F5E8939F.jpeg

会場参加だけでなくウェブ会議ツール「ZOOM」での参加にも対応し、桑名支部、北勢支部、南勢支部、伊賀支部、などからも多数の参加がありました!
   
2018年、経済産業省は「DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するためのガイドライン」をまとめました。この中で、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。
藤牧氏は、この頃より自社事業のDX対応の必要性を意識し、経営計画書にも反映させてきました。 

報告では、DXは単なる業務改革ではなく、経営改革であり、価値変革(バリューイノベーション)の機会であること。働き方改革、さらにはBCPやSDGsへの取り組みとも親和性が高いこと。DXに対する経営者の理解がなにより需要であり、社員に浸透させ、全社的活動にしていくのが重要であること等について丁寧にご説明いただきました。

グループ討論のテーマは「デジタル技術の自社での活かし方は?」。報告では、「デジタル技術を活用して顧客満足度を上げる」「データをもとにPDCAをまわす」「デジタルツールをたくさん試して自社に合うものをみつける」などの意見が出されました。

CC2AD60A-7635-4E7F-B28B-FF37C634C166.jpeg

F4C98408-3CBD-4C57-B4F0-5B86FDDCADC5.jpeg

0263F708-38AB-4772-BD68-BE445F9B79D9.jpeg

B6A88A2B-8218-4DC7-8854-8ED549CF597A.jpeg

次回の中勢支部活動は、10月8日(木)の10月例会です!奮ってご参加ください!!



posted by 事務局 at 08:55| Comment(0) | 中勢支部活動