2016年08月24日

桑名支部第2回活動説明会

IMG_20160823_190758.jpgIMG_20160823_190813.jpg

事務局の加藤です。今回は、8月23日に行われた桑名支部の活動説明会に参加しました。報告者を務めたのは、(株)東亜機工の水谷彰宏氏です。

水谷氏は当時、まだ桑名グループであった10人の例会にオブザーバーとして出席。そこで憧れとなる経営者から話しを聞いて感動されたそうです。入会後も、たくさんの経営者との出会いが水谷氏に大きな影響を与えたとのことでした。

今回の活動説明会には、オーブザーバーとして4名の方にお越しいただき、全体で20人の参加となりました。心より感謝申し上げます。


posted by 事務局 at 08:21| Comment(0) | 委員会活動

2016年08月22日

南勢支部8月例会

 事務局加藤です。今回は南勢支部会員で(株)丸吉建工の代表取締役、木村健一氏が報告者を務める、南勢支部8月例会に参加しました。
 (株)丸吉建工は元々、玉城温泉という名のお風呂屋さんからスタートしました。時代の移り変わりとともに銭湯は廃業せざるを得なくなったものの、水道工事など様々なノウハウが培われていたため、父が水道工事業へ事業転換されたそうです。木村氏が家業に戻ると、すぐに父から各経済団体へ会員として行くように宣告されました。この時、木村氏は20歳、昼間は仕事に夜は会合と、とにかく大変な日々であったそうです。しかし、いずれ考えてみると、これが人と付き合う修行となっていました。当時お世話になった人は、現在も交流が深く、たくさんの出会いにただただ感謝しているとのことです。
 報告を聞いて、若いうちからの広い交流が、信用厚く、多くの人から親しまれる木村氏をつくりあげたのだとわかりました。参加者には「自分自身の姿を見つめ直す機会となった」、「地域とのつながり方」など幅広く学びがありました。
http://mie-doyu.sakura.ne.jp/sblo_files/mie-doyu/image/IMG_1986-thumbnail2.JPG?1471851015083http://mie-doyu.sakura.ne.jp/sblo_files/mie-doyu/image/IMG_2018-thumbnail2.JPG?1471851051655
posted by 事務局 at 16:31| Comment(0) | 南勢支部活動

2016年08月15日

中勢支部8月例会

8月10日(水)18時45分からアスト津にて中勢支部8月例会を開催しました。今回は報告者に、(株)中部システムセンター 代表取締役 田中裕嗣氏を迎え、『中小企業経営の為のワークライフバランス〜ホワイト企業アワード西日本大賞受賞企業の実践〜』をテーマにお話しいただきました。

近年、ワークライフバランスに関心が高まっていますが、企業としてのメリットやデメリットについてデータをもとに解説してくださった田中氏は、「子どもを支える親や地域を支える経営者になりたい」という想いをもって数年かけて取り組みをされてきました。
子どもの送り迎えのために一時的に会社を抜け出せるファミリー時間休暇制度や、各自で判断できる基準を設けることで業務のスピードを上げたなどの実践内容を元に語っていただきました。休日数を増やすことによって、皆がサポートできる体制が出来上がり、チームワークやコミュニケーションが活発になったという話は驚きました。

グループ討論では、人材採用・育成の話や制度があっても使えない環境のままだと意味がないなど、この先中小企業が生き残っていく方法を皆で話し合いました。

「オフィス変革診断」シートなども用いながら、ワークライフバランスとどう向き合っていくか、社員が求めているものは何なのかを考える例会となりました。少しでも社員が幸せに感じてもらえる職場を増やすために何ができるか、これからも考えていくことになりそうです。

IMG_1970.JPG
IMG_1962.JPG
IMG_1980.JPG
posted by 事務局 at 09:25| Comment(1) | 中勢支部活動

2016年08月11日

尾鷲グループ8月例会

image1.JPGimage2.JPG8月9日(火)19時より尾鷲商工会議所にて尾鷲グループ8月例会を開催しました。
今回の例会は、グループメンバーである日本土木工業(株)常務取締役 垣本美和氏が問題提起者となり、『永続する企業とするための人に係る問題』をテーマに自社の社員の年齢構成から10年後、20年後を想定し、若手採用の必要性感じている一方で、採用活動に取り組んでいても人材が集まらないという現状にあること。そのため働く社員が魅力をを感じるために社員に自社の評価をヒアリングした結果などをもとに提起していただき、参加者全員で企業として永続していくためにどうのような対応が必要なのかディスカッションを行いました。
若年者人口減に加え進学により地元離れにより、高校卒業時点で地域企業に就職する数は東紀州地域で約600人、企業からの求人を充足するには明らかに不足している現状にあることや、域外に人材を求めるには労働環境や待遇面を改善し、より求人競争の厳しい都市部に出なければならない。こうした現実と向きあい、いつかではなく今すぐにでも改善に向けた行動を起こすことが必要であるとの認識が深められました。
posted by 事務局 at 09:00| Comment(0) | 尾鷲グループ活動

2016年07月15日

全国総会in大阪

image1.JPGimage2.JPG7月14・15日とシャラトン都ホテル大阪にて中同協第48回定時総会が、『同友会理念の実戦で、人が輝く持続可能な社会へ』のスローガンのもと全国から1308名が参加し開催されました。
1日目は全体会にて議案提案を受け、その後15の分科会にわかれて情勢問題・経営指針や人材育成などの経営実践・事務局問題など様々なテーマの中で議案を深め学び合いました。2日目には分科会座長からの分科会報告をはじめ議案の採択、エネルギーシフトの学習と実践をテーマとしたパネルディスカッションが行われ、最後にiSP細胞の第一人者である山中伸弥教授からの特別挨拶がありました。
posted by 事務局 at 12:32| Comment(0) | 県・全国